© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

平成29年4月開校を計画 1学年40人の介護福祉士養成学校 学校法人 岩永学園

特養ホーム(基本協定を締結した岩永代表(右)と白川市長) 市は5日、市立特別養護老人ホーム及び附属デイ・サービスセンター(ともに勝本町本宮南触)の「移管に関する基本協定締結式」を、プロポーザルで移譲先に決まった仮称「社会福祉法人壱心会」(岩永城児代表)との間で行った。両施設は10月1日に同会に移譲される運びで、市議会6月会議で正式に決定する。
同会の母体となる「学校法人岩永学園」は長崎市で「こころ医療福祉専門学校」(7学科)、佐世保市で「同校佐世保校」(2学科)などを運営。またホームヘルパー2級講座、介護技術講習会、職業訓練などの社会人向け資格取得の介護員養成研修を、離島を含む県下全域で実施している。本市でも平成22年度からこれまでにホームヘルパー2級154人、介護技術講習会83人、初任者研修26人、職業訓練20人の実績がある。
移譲後、両施設を引き継ぎ運営。30年度末までに、市から無償譲渡される勝本ゲートボール場(勝本町布気触、面積5200平方㍍)に新施設を建設。ユニット型70床、多床室30床、短期入所施設20床、デイサービスセンター定員30人の施設を設置する。幼老複合施設の可能性についても検討している。
同時に、市内の介護人材の育成を目的に、介護福祉士養成校(専門課程2年制、定員40人)の設置を決めている。開校には厚労省、県の認可が必要となるため正式なスケジュールは今後決定するが、同会は平成29年4月の開校を目指している。同校の校長には壱岐高校前校長の廣瀬典治さん、施設長には同校元事務長の岡田高明さんの就任が予定されている。
締結後の記者会見で白川博一市長は「プロホーザル応募の3社は甲乙つけ難かったが、専門学校の開校計画で、すでに姉妹校を持つ同会のインパクトが大きかった。介護福祉士は全国で不足しているし、1学年40人の募集規模は壱岐の高校生の進学先となるばかりか、全国から離島留学生の受け入れ先ともなる。国の政策にマッチした地方創生の大きなプロジェクトだ。市も最大限のバックアップをしたい」と期待の大きさを語った。
特養ホーム(移譲が決まった市立特養ホーム) 岩永会長は「グループの身上である“思いやりと創造”“こころの教育”でキャリアアップ・育成、地域振興に務める。専門学校設立の際は奨学金制度を創設。高校生の進学費用負担を軽減し、人材の島外流失を防ぐ役割を果たしたい。専門学校、新設する特養ホームなどでは計百人規模の職員・スタッフとなり、現在の特養ホームなどのスタッフ60人に加えて新たな雇用が創出される」と壱岐市の振興に貢献していく考えを示した。
専門学校設置場所は「旧鯨伏中学校校舎を活用できればありがたい」(岩永会長)と話し、白川市長も「耐震改修を行って提供したい」と応じた。
本市にとっては老人福祉の充実、介護人材の育成、定住・交流人口の拡大など、様々な効果が期待できる同会への特養ホーム移譲となる。

特養ホーム(介護専門学校への活用が検討されている旧鯨伏中学校)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る