© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

市に消費生活センター設置 商取引トラブルに対応

消費生活(看板を掲げる坂本委員(左)) 市消費生活センター(米村和久所長)が15日、市役所郷ノ浦庁舎観光商工課内に設置され、相談委員を務める坂本幸子さんと白川博一市長が看板を設置した。
同課内には平成22年4月に消費生活相談窓口が設置され、坂本さんが消費生活相談員を務めてきたが、県の消費者基本計画でこれまでに13市にセンターが設置され、設置されていないのは本市と対馬市のみだったことから、市は設置を決めた。
今後はPIO‐NET(国民生活センターが運営する全国消費生活情報ネットワーク)への接続が可能になることから、全国の相談事例などを共有することで、いままで以上に情報が入手できる。また消費者行政活性化補助金の新たな補助メニューの利用が可能となり、相談費用・報酬が必要な弁護士、税理士など専門家の活用が可能となる。
相談委員は引き続き坂本さんが務め、今後はより複雑な事案に対応できるよう、国の消費生活専門相談員などの資格取得を目指す。
これまで窓口には、25年度39件、26年度は12月末までに43件の相談が寄せられており、年々増加傾向にある。今年度は高齢者への訪問販売詐欺事案を警察に報告し、犯人逮捕に貢献した。坂本さんは「訪問販売や電話勧誘のトラブル、多重債務など、消費生活に不安を感じることがあったら気軽に相談して欲しい。今後は対象事業者との交渉なども市が直接行えるようになり、トラブル解決が速やかに進む場合もある」と話した。
センターでの相談は月~金曜の午前8時半から午後5時まで受け付けているが、出前講座などで相談委員が留守をする場合があるため、電話での予約を勧めている。電話:48‐1135。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る