© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201412/12

盈科Aが3年ぶり優勝 小学生駅伝大会

駅伝(30チームが一斉にスタート) 第16回壱岐ロータリークラブ小学生駅伝大会が7日、筒城浜ふれあい広場周回コース(6区間、5・7㌔=1・6区1・05㌔、2~5区0・9㌔)で開催され、市内18校から各1~2チームの計30チームが出場。気温7・5℃、好天・微風という絶好の条件の中、盈科Aが18分13秒で2011年以来3年ぶり7回目の優勝を飾った。
盈科が選手層の厚さを見せ、昨年2位惜敗の雪辱を晴らした。昨年3区で区間3位をマーク、今年のナイター陸上でも6年女子八百㍍に優勝している末永恋菜(6年)がスタートから猛ダッシュ。ハイペースに後半はやや息が切れたものの、2位田河Aに3秒差のトップでチームを勢い付けた。
2区松本汰壱(6年)はナイター陸上の共通走り幅跳びと6年百㍍の2冠。中距離になってもそのスピードは抜群で、2位との差をさらに10秒広げた。
3区は田河Aの松下真弓(まゆ=5年)がナイター陸上5年八百㍍の覇者らしく、区間新の2分50秒をマーク。盈科を1秒差まで追い上げた。「盈科との差を少しでも縮めようと懸命に前を追いました。練習では3分06秒掛かっていたので、本番で16秒も短縮しての区間新は信じられません」と喜んだ。
盈科は4区加藤宗一郎(6年)がその差を16秒に広げ、5区でも11秒差をキープ。6区三浦万治朗(6年)は昨年に続いてのアンカーの大役。その昨年は、優勝した鯨伏Aの中尾圭介とゴール前まで壮絶なデッドヒート。区間タイムでは中尾を1秒上回ったものの、総合では1秒届かず2着に終わった。それだけに「今年こそ優勝」と誓っていた。
駅伝(歓喜のゴールをした盈科A・三浦) 2位とは11秒差の首位でタスキを受け、「1位で来てくれたので少し焦りましたが、気を抜かないで最初から飛ばしました。2位との差は最初は気になったけれど、走っているうちに気持ちが集中してきました」と自分の走りに徹して3分10秒の区間タイ。2位田河Aにトータルで19秒もの大差をつけ、両手で「1番ポーズ」を決めてゴールインした。
三浦は、郷ノ浦中の駅伝などで活躍している三浦壱太朗(2年)の弟。「兄からのアドバイスは特にありませんでした」と言うが、来年は兄弟で中学中長距離界を賑わす存在になりそうだ。
盈科Aの山本隆裕監督は「タイムよりもチームのまとまりを重視してきた。並んで走り、互いを思いやり、きちんと返事やあいさつができることが一番。それだけに優勝はもちろんですが、Bチームが4位になったこと、個人戦出場者がみんな好成績だったことが何よりも嬉しいです」と大会を振り返った。
【区間賞】▽1区 末永恋菜(盈科A)3分24秒▽2区 松本汰壱(盈科A)2分44秒▽3区 松下真弓(田河A)2分50秒=大会新=▽4区 加藤宗一郎(盈科A)2分48秒▽5区 長嶋弥央(田河A)3分00秒▽6区 三浦万治朗(盈科A)3分10秒=大会タイ=
【躍進賞】(前年からもっともタイムを短縮したチーム)勝本A
▽個人の部
【男子1組】①山口大貴(盈科6年)3分36秒②堤建人(盈科6年)3分41秒③長谷川大翔(鯨伏6年)3分49秒【男子2組】①松尾蓮(盈科5年)3分37秒②山口凌央奈(盈科6年)3分39秒③辻村怜聖(石田5年)3分39秒【女子1組】①目良彩花(盈科6年)3分48秒②本尾汐里(田河6年)3分48秒③山下葵(石田6年)4分01秒【女子2組】①坂本菖(勝本5年)3分50秒②西茉南花(渡良5年)3分53秒③石橋侑葉(芦辺4年)3分53秒

駅伝(区間新をマークした田河A3区・松下)

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20197/12

山口紗奈さんが最優秀賞。第69回中学生弁論大会

第69回社会を明るくする運動・中学生弁論大会(壱岐地区保護司会主催)が5日、壱岐の島ホール大ホールで開かれ、市内4中学校から各2人、計8人が…

20197/12

全員協議会を原則公開に。

6月28日の市議会定例会6月議会最終日の閉会後、市議会全員協議会が開かれた。全員協議会が報道に対して公開されたのは、現体制では今回が初めての…

20197/12

ORCに業務改善勧告。不適切整備で約百便運航。8月5日までに報告義務。

国土交通省大阪航空局(川勝弘彦局長)は5日、オリエンタルエアブリッジ株式会社(ORC、本社・大村市、日野昭社長)に対して、飛行機の不適切な整…

20197/5

中小企業庁が重家酒造選定。はばたく中小企業300社

中小企業庁はこのほど、ITサービス導入、経営資源の有効活用などによる生産性向上、積極的な海外展開など様々な分野で活躍している中小企業・小規模…

20197/5

論議が必要な小学校統廃合。

文部科学省の調査によると1989年度に2万4608校だった公立小学校が、2018年度には1万9591校に20%減少した。小学校の統廃合は全国…

ページ上部へ戻る