© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201412/12

盈科Aが3年ぶり優勝 小学生駅伝大会

駅伝(30チームが一斉にスタート) 第16回壱岐ロータリークラブ小学生駅伝大会が7日、筒城浜ふれあい広場周回コース(6区間、5・7㌔=1・6区1・05㌔、2~5区0・9㌔)で開催され、市内18校から各1~2チームの計30チームが出場。気温7・5℃、好天・微風という絶好の条件の中、盈科Aが18分13秒で2011年以来3年ぶり7回目の優勝を飾った。
盈科が選手層の厚さを見せ、昨年2位惜敗の雪辱を晴らした。昨年3区で区間3位をマーク、今年のナイター陸上でも6年女子八百㍍に優勝している末永恋菜(6年)がスタートから猛ダッシュ。ハイペースに後半はやや息が切れたものの、2位田河Aに3秒差のトップでチームを勢い付けた。
2区松本汰壱(6年)はナイター陸上の共通走り幅跳びと6年百㍍の2冠。中距離になってもそのスピードは抜群で、2位との差をさらに10秒広げた。
3区は田河Aの松下真弓(まゆ=5年)がナイター陸上5年八百㍍の覇者らしく、区間新の2分50秒をマーク。盈科を1秒差まで追い上げた。「盈科との差を少しでも縮めようと懸命に前を追いました。練習では3分06秒掛かっていたので、本番で16秒も短縮しての区間新は信じられません」と喜んだ。
盈科は4区加藤宗一郎(6年)がその差を16秒に広げ、5区でも11秒差をキープ。6区三浦万治朗(6年)は昨年に続いてのアンカーの大役。その昨年は、優勝した鯨伏Aの中尾圭介とゴール前まで壮絶なデッドヒート。区間タイムでは中尾を1秒上回ったものの、総合では1秒届かず2着に終わった。それだけに「今年こそ優勝」と誓っていた。
駅伝(歓喜のゴールをした盈科A・三浦) 2位とは11秒差の首位でタスキを受け、「1位で来てくれたので少し焦りましたが、気を抜かないで最初から飛ばしました。2位との差は最初は気になったけれど、走っているうちに気持ちが集中してきました」と自分の走りに徹して3分10秒の区間タイ。2位田河Aにトータルで19秒もの大差をつけ、両手で「1番ポーズ」を決めてゴールインした。
三浦は、郷ノ浦中の駅伝などで活躍している三浦壱太朗(2年)の弟。「兄からのアドバイスは特にありませんでした」と言うが、来年は兄弟で中学中長距離界を賑わす存在になりそうだ。
盈科Aの山本隆裕監督は「タイムよりもチームのまとまりを重視してきた。並んで走り、互いを思いやり、きちんと返事やあいさつができることが一番。それだけに優勝はもちろんですが、Bチームが4位になったこと、個人戦出場者がみんな好成績だったことが何よりも嬉しいです」と大会を振り返った。
【区間賞】▽1区 末永恋菜(盈科A)3分24秒▽2区 松本汰壱(盈科A)2分44秒▽3区 松下真弓(田河A)2分50秒=大会新=▽4区 加藤宗一郎(盈科A)2分48秒▽5区 長嶋弥央(田河A)3分00秒▽6区 三浦万治朗(盈科A)3分10秒=大会タイ=
【躍進賞】(前年からもっともタイムを短縮したチーム)勝本A
▽個人の部
【男子1組】①山口大貴(盈科6年)3分36秒②堤建人(盈科6年)3分41秒③長谷川大翔(鯨伏6年)3分49秒【男子2組】①松尾蓮(盈科5年)3分37秒②山口凌央奈(盈科6年)3分39秒③辻村怜聖(石田5年)3分39秒【女子1組】①目良彩花(盈科6年)3分48秒②本尾汐里(田河6年)3分48秒③山下葵(石田6年)4分01秒【女子2組】①坂本菖(勝本5年)3分50秒②西茉南花(渡良5年)3分53秒③石橋侑葉(芦辺4年)3分53秒

駅伝(区間新をマークした田河A3区・松下)

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20179/8

中学生議員が一般質問。市子ども議会を開催。

市子ども議会(市議会主催)が8月29日、勝本町の市議会議場で開かれ、市内4中学から各4人、計16人が議員役を務め、一般質問を行うなど市議会を…

20179/8

坂井煌弥さんが団体と2冠。4歳児は西永葵生さん。一支國幼児相撲大会

第20回一支國幼児相撲大会(同実行委員会主催)が2日、壱岐島開発総合センター全天候型多目的施設で開催され、市内9幼稚園・9保育所と福岡市・め…

20179/8

社説・国に猛省を促したい原子力訓練

玄海原子力発電所3号機の再稼働について、九州電力が「来年1月中」との見通しを表明した中、内閣府は3、4日に原子力総合防災訓練を初めて玄海地区…

20179/8

11月1日から座席指定化。乗船前日まで予約が可能。九州郵船ジェットフォイル

九州郵船(竹永健二郎社長、本社・福岡市)は1日に開かれた市航路対策協議会(会長・白川博一市長)で、11月1日乗船分からジェットフォイルの全席…

20179/1

松本(郷ノ浦中)が銅メダル胸に凱旋 全日本中学陸上男子走り幅跳び

第44回全日本中学陸上競技選手権大会(8月19~22日・熊本市)の男子走り幅跳びで自己ベストの6㍍78を記録して3位となり、表彰台に上がった…

ページ上部へ戻る