© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201410/24

「得した」感の価格設定を

syasetsu 壱岐島ごっとり市場プロジェクトの体験メニューを島民にも理解してもらい、改善点などを模索するための「島民体験モニター」が15日から始まった。用意された11種類のメニューの大半は募集定員をオーバーする申し込みがあり、各メニューへの関心の高さは示された。
だがモニターは無料である。観光客が別料金を支払うオプションとして、どれだけ利用するかは別問題だ。9月に募集された「壱岐のうに祭り」チラシに掲載されているオプション体験で、「農業畜産体験」は2400円、うに割り体験は4千円以上、船釣り体験に至っては1万8千円の料金が掲げられている。一家4人で船釣りをしたら7万2千円。農業畜産体験でも1万円弱になってしまう。
消費者はシビアだ。体験型メニューがツアー料金に含まれているのなら純粋に楽しんでくれるが、別料金となるとしっかり計算をする。
農業畜産体験が2400円なら、収穫した野菜が市価、もしくはその場で食べた料理の価格が、その金額以上にならなければ「損をした」と思ってしまう。「体験」に金銭が発生することに理解はしても、納得はしてくれない。「こんなに楽しかったのに、こんなに安いの!?」と驚かれるほどの価格設定にしなければ、「また来たい」とは思ってもらえないものだ。
滞在型観光でもっとも人気の高い飲食系工場見学は、参加者に無料で工場見学、無料かもしくはごく低価格で試飲・試食をしてもらい、土産購入や宣伝効果で収支を賄っている。「酒蔵ツーリズム」は観光庁も力を入れている。壱岐も焼酎蔵元は無料試飲を行っているし、今年3月に実施した「七蔵めぐり」はこのタイプと言える。
ごっとり市場もせっかく体験モニターを実施しているのだから、参加者に「この体験がどの程度の価格なら自分でも応募するのか、すごく満足した気分になるのか」という点をモニタリングして、オプション価格設定、ツアー料金の算出に役立てる工夫が求められる。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る