行事・イベント

お田植祭で豊作祈る 宮中献穀事業

秋の宮中行事「新嘗祭」に献上する米の「お田植祭」が23日、郷ノ浦町庄触、牧永護さん(75)所有の田んぼ(7㌃)であった。
お田植祭では、耕作者の牧永さんや宮中献穀壱岐市奉賛会会長の白川博一市長ら関係者約50人が出席。神事を行った後、3月の播種祭で撒いた種から育てた苗を、盈科小学校の児童17人が植えた。
児童たちは紺がすりの着物を着た早乙女と法被を着た早男の姿をして、一列に並んで古式にのっとり手で植えた。
早乙女の一人、渡邉史さん(6年)は「大事なお米なので、稲が元気に育ちますようにと願って植えました」と話した。
田植え後には壱岐神楽の豊年舞が舞われ、出席者皆で豊作を祈った。
牧永さん(75)は「先祖からあずかった田でできることは嬉しい。無事に奉納できるよう、天候に負けず頑張りたい」と話した。

関連記事

  1. 日韓の45人が親交深める 朝鮮通信使友情ウォーク
  2. 正月あそびに親子連れ 原の辻ガイダンス
  3. 博物館屋上から太鼓の音が響く 第10回壱州祭ステージ部門
  4. 保護前と後の表情見て 犬猫保護団体が写真展
  5. ゴミ71袋分回収  霞翠小ごみゲッツ
  6. トルコ地震に募金活動 壱岐ライオンズクラブ
  7. 優勝は77㌢春日市の田原さん 第5回タイラバ大会
  8. 宮中献穀献納米の清祓神事 牧永田長「100%に近い出来」

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP