地域情報

海を眺めて朝ごはん 市民ら壱岐の食材に舌鼓

勝本浦まちづくり協議会主催の「朝市であさごはん」が11日、黒瀬駐車場で開かれ、市民らが勝本湾を眺めながら朝食を楽しんだ。
朝市商店街の活性化を目的に、同まち協の漁業・商業活性化部会が初企画。朝市で販売されている手作りの魚の干物、壱岐産米、壱州豆腐、味噌汁などのセット(5百円、限定50食)に舌鼓を打った。
干物は那賀地区まち協製作の竹炭でその場で焼かれ、チリチリと竹炭独特の心地よい音を立てていた。また、朝食を注文した全員に5百円分のクーポン券がプレゼントされ、朝食後には朝市で買い物する市民の姿も見られた。
友人と訪れた芦辺町在住の料理人、小野富美子さん(38)は「全ての食材が美味しかった。風景や勝本のおばちゃんたちが素敵で人情味がある。もっとこういうイベントが増えたら人がもっと増えると思う」と期待を寄せていた。

関連記事

  1. 壱岐高放送部「生命線」。県献血推進CMコン最優秀。
  2. 山本氏が無投票で再選 県議会議員選挙壱岐市選挙区
  3. 天の川、山乃守が金賞 福岡国税局酒類鑑評会
  4. 海にゴミを捨てないで 壱岐海上保安署が劇で呼びかけ
  5. 子牛取引は初の30億円台。壱岐家畜市場
  6. 海難防止を呼び掛ける 2人が一日海上保安官
  7. 火災が多発、今年すでに19件 野焼きは事前の届け出を
  8. オリーブたわわに実る。収穫体験楽しむ。

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP