社説

V長崎戦観戦に無料バスを。

サッカーJリーグのレギュラーシーズンが終了し、Vファーレン長崎はJ1の18チーム中、最下位18位に終わり、J1生活は1年だけで来季からJ2に戻る。サポーター、県民にとっては残念な結果に終わったが、2月の開幕から4月末までは上位争いに食い込む健闘を見せて、一定の盛り上がりは見せた。

記者が以前に住んでいた北海道のコンサドーレ札幌はJ1、J2を何度も入れ替わった。J1の壁は厚かったが、挑戦し続けたことで徐々に態勢を整え、今季はJ1で4位と最高順位を記録した。サポーターにとっても、敗戦ばかりのJ1時より、勝利が続くJ2時の方がかえって盛り上がったこともあった。たとえJ2であっても、サポーターは勝ち試合を応援に行きたいもの。V長崎も来季J2で勝ち続ければ、サポーターはさらに熱く応援する。

だがJ1に再び昇格し、維持していくためには、更なるサポーター増強が不可欠である。今シーズンのV長崎のホームゲーム観客動員数は1試合平均1万1225人で、これもJ1最下位。J2の2チーム(新潟、松本)よりも下で全体の20番目の順位だった。19番目の柏はJ1で17位なので、成績がそのまま観客数に比例しているように見える。観客数が多ければそれだけ入場料収入もあり、補強などにも資金が使える。

JR長崎駅近くに計画されている新スタジアムは2023年完成予定で、あと4年間は現在のトランスコスモススタジアムを使用することになる。JR諫早駅から徒歩30分と交通の便の悪い現スタジアムを有効活用するために、アプリでの駐車場予約サービスや、民家の私有地を利用した軒先パーキングなど、高田明社長が知恵を絞っているが、なかなか難航している。それならばぜひ離島に目を向けてもらいたい。壱岐の場合、唐津港から無料バスを出してくれれば、土日曜のデイゲームなら観戦希望者は多くいるはず。県民一体となったV長崎応援に、壱岐も加わりたいものだ。

関連記事

  1. 社説・壱岐郵船の参入は良い緊張関係で
  2. スポーツ楽しむ指導を。
  3. 太陽光発電に民間アイデアを。
  4. 社説・朝鮮半島有事想定した対処は
  5. 社説・一点集中での創生アイデアを
  6. 見習いたい海士町の取り組み
  7. 社説・国境離島新法は市民提案が不可欠
  8. 社説 住民投票が残した意義は大きい

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP