社説

横文字多用は能力の欠如。

安倍晋三首相がトランプ米大統領と会談し、2国間によるTAG(物品貿易協定)の締結に向け新たな通商交渉に入ることで合意したというニュースがあった。TAGとは「トレード・アグリーメント・オン・グッズ」の略で、「サービスや投資のルールなどを含むFTA(自由貿易協定)やEPA(経済連携協定)とは違う」と政府は説明している。だが内容を見ると、TAGもFTAの一部。「米国とのFTA締結は反対」という声に対して「これはTAGなので、FTAではない。安心してください」と言っているかのような、都合の良い新語の使い方に見える。

この問題に限らず、最近はやたらのアルファベットや横文字の説明が目立つ。経済やIT関連には特に多い。若い世代には抵抗が少ないのかもしれないが、そのような学習をしてこなかった高齢者世代には、まるで暗号のように見えてしまう。「日本語に当てはまる言葉がない」「日本語にすると長くなる」ことが横文字多用の理由だそうだが、適切な日本語を使える能力に欠如しているのでは、と思ってしまうこともある。

6月15日に選定された「SDGs未来都市」「自治体SDGsモデル事業」の計画書が作成され、このほど市ホームページで公表された。このような情報を積極的に市民らに公開する姿勢は高く評価する。だがせっかく公開をするのなら、国に提出した計画書だけでなく、市民が理解できるような説明を加えなければ「公開」の意味は薄れる。SDGsという言葉そのものの理解も難しいが、タイトルに入っている「Society5・0」、今後取り組む課題では「ステークホルダーとの連携」「強固なバリューチェーンを目指す」「レジリエンスな経済の構築」など、一般市民には意味不明な言葉が並んでいる。

市民に正しく知らせるためには「義務教育レベルの学力で理解できる文章」が開かれた行政の基本であることを、市には自覚してもらいたい。

関連記事

  1. 論議が必要な小学校統廃合。
  2. 社説・カジノ法案めぐる論争に違和感
  3. 壱岐をインスタ映えする島に。
  4. 都会での経験は若者に有意義。
  5. 観光客が求める体験型メニューは。
  6. 社説・原発問題、声なき声にも耳を
  7. ケーブルテレビ問題の説明を。
  8. 来年度からプログラミング教育。

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP