地域情報

「ココヤシの唄」上演 劇団「未来座・壱岐」

劇団「未来座・壱岐」の第2回公演「ココヤシの唄」がこのほど、一支国博物館多目的ホールで上演され、約120人の観客が地元劇団の舞台を楽しんだ。
原作は福田敏さんの「月讀とココヤシの唄」、脚本は高谷信之さん、演出は堀川真穂さんが担当。
壱岐と思われる島にココヤシの実が流れ着き、それとともに16年前に行方不明になっていたココヤシの笛を吹く星男が、記憶を失って島に戻ってくる。島の人たちの温かさに包まれ、星男は次第に記憶を取り戻し、再びココヤシの笛を吹くようになるという物語。
小学生から80歳代までの劇団員8人が出演し、音響、照明、映像ら裏方スタッフとともに、手作りの舞台を披露した。

 

関連記事

  1. 中原康壽副市長が辞任。異常事態続く壱岐市、久間総務部長は長期休暇…
  2. 4月19日の週から到着予定。高齢者向けコロナワクチン。
  3. 台風前に事前放流。永田ダムで壱岐初。
  4. 住民の魅力を取材。「壱州人辞典」協力隊が企画。
  5. 島内企業情報誌 中高2年生に配布
  6. 市議会定例会5月会議 耐震工事は合併特例債期限内に完了目指す
  7. 勝本港の花火大会が8月13日に変更
  8. 松田脩生さんは全国優勝 中国語コンテスト壱岐高6人入賞

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP