スポーツ

ボートレース・下條雄太郎が地元GⅠで健闘

勝本町出身ボートレーサー・下條雄太郎(29)が、4~9日に地元・ボートレース大村で開催されたGⅠ海の王者決定戦に出場。初日のドリームレースで2着になるなど予選で好成績を続け、5日目は準優勝戦に進出した。
準優勝戦で3号艇から果敢なスタートを切った下條は、1ターンで1号艇原田幸哉に内から果敢に挑んだが、わずかに及ばず。その隙に辻栄蔵のまくりを許し、3着で優勝戦進出を惜しくも逃した。それでも優出の2着狙いではなく強気に攻めて行ったレースに、完成した新スタンドから地元ファンの熱い声援を浴びた。
最終日の特別選抜A戦でも、同期の篠崎元志、王者・今村豊らを相手に果敢に攻めて、3着となった。
今年はファン投票で出場が決まっているSGボートレースオールスターが同じく地元・大村で開催される(5月26~31日)。昨年の福岡オールスターは準優勝戦進出はならなかったものの、2勝を挙げて水神祭の儀式を味わった。さらに磨きの掛った今年は地元の代表として、SG初優出の期待がかかる。

関連記事

  1. 壱岐商2回戦突破 次戦は海星(19日予定)
  2. 県ねんりんピック マラソンで金2つ
  3. ツインズビーチ 海水浴場海開き
  4. 今年も超人たちが集結。50㌔女子・松本久昌さんに注目。21日に第…
  5. 大久保さん2年連続2冠 市空手道選手権大会
  6. 那賀が2大会連続優勝 少年軟式野球学童選手権
  7. 2月8日市民合唱祭 3吹奏楽部がコラボ
  8. イルカのパルフェが死亡

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP