スポーツ

ボートレース・下條雄太郎が地元GⅠで健闘

勝本町出身ボートレーサー・下條雄太郎(29)が、4~9日に地元・ボートレース大村で開催されたGⅠ海の王者決定戦に出場。初日のドリームレースで2着になるなど予選で好成績を続け、5日目は準優勝戦に進出した。
準優勝戦で3号艇から果敢なスタートを切った下條は、1ターンで1号艇原田幸哉に内から果敢に挑んだが、わずかに及ばず。その隙に辻栄蔵のまくりを許し、3着で優勝戦進出を惜しくも逃した。それでも優出の2着狙いではなく強気に攻めて行ったレースに、完成した新スタンドから地元ファンの熱い声援を浴びた。
最終日の特別選抜A戦でも、同期の篠崎元志、王者・今村豊らを相手に果敢に攻めて、3着となった。
今年はファン投票で出場が決まっているSGボートレースオールスターが同じく地元・大村で開催される(5月26~31日)。昨年の福岡オールスターは準優勝戦進出はならなかったものの、2勝を挙げて水神祭の儀式を味わった。さらに磨きの掛った今年は地元の代表として、SG初優出の期待がかかる。

関連記事

  1. 壱岐が18年ぶりベスト8。準々決勝で鹿町工に敗退。県高等学校野球…
  2. 人気急上昇離島で全国3位 夏休み宿泊予約83%増
  3. 辰ノ島がランクダウン 海水浴場水質調査
  4. 高校卒業生に任命 スキ・スキ応援隊
  5. 浦上啓芯が最優秀 少年少女空手道大会
  6. 7蔵ブレンドで乾杯 条例制定を祝う
  7. 8年ぶり壱岐で開催 玄海酒造ゴルフ大会
  8. 児童160人が4競技を体験 フットボールデーin壱岐

おすすめ記事

  1. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  2. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SDGs対話会
  3. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男子ソフトの4人 県選抜で全国優勝

歴史・自然

PAGE TOP