社説

島内限定販売の商品開発を

syasetsu先日、長崎県内のデパートで北海道物産展が開催され、多くの人で賑わったことがニュースで取り上げられていた。デパートで開催される数多い催し物の中でも、北海道物産展は「鉄板行事」と呼ばれており、間違いなく集客効果が計算できるイベントだと言われている。
北海道は食の宝庫であるのは万人が承知しているし、イベント来客者にとって「北海道=美味しい」というイメージが出来上がっている。その時点で、イベントとしてはもう成功が確信されていると言えるだろう。
そんな北海道物産展なのだが、実際に出店者に取材してみると、「以前の半分も売り上げがない」という嘆きの声が多く聞かれている。「物産展に出品されている商品の大半は、インターネットなどでお取り寄せが可能になっているので、わざわざ物産展に足を運ばなくなってきた」というのだ。
その典型的な例が、一世を風靡した「生キャラメル」だろう。以前は、扱っている店が物産展に出店すると、そのデパートには開店前から長蛇の行列ができ、8階のイベント会場から階段で1階までお客さんが並んだという逸話もあった。だがいまでは行列などまったく見られない。
ネット通販だけでなく、東京にも直販店を出店したことで「いつでもどこでも買える」「北海道らしさがない」と、希少価値地域性がなくなり、お客さんに敬遠されるようになったのだ。
壱岐のおいしい食品は、いまや全国に流通しているし、ネット通販でも販売されるようになってきた。売り上げ増のためにも、まずは知名度を高めるためにも、このような販売戦略は極めて重要である。だが一方で、「この商品は直接、壱岐を訪れなくては絶対に手に入らない」という希少価値、強い地域性がある商品もまた必要なのではないだろうか。
壱岐を訪れる観光客の多い時期になってきた。「お土産は何を買えばいいですか?」と聞かれた時に、「これはここでしか買えないですよ」と薦められる商品がもっと欲しい。

関連記事

  1. 太陽光発電に民間アイデアを。
  2. 社説・壱岐をこよなく愛した松尾局長
  3. 「よそ者」はマーケット感覚がある人
  4. 航空路維持はまだ安心できない。
  5. 社説・政策条例提案も市議の役割
  6. 獅子奮迅に壱岐創生策を
  7. 観光客が求める体験型メニューは。
  8. 社説・地検判断前の政倫審は必要か

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP