友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20217/19

全国大会向け練習終盤 壱岐商壱州荒海太鼓部

全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」の郷土芸能部門(8月3~5日)に出場する壱岐商業高校の壱州荒海太鼓部(町田智也部長、24人)が本番に向け、練習に励んでいる。

同部は昨年11月の県高校総合文化祭「しおかぜ祭」で金賞を受賞。2007年以来2回目の全国大会出場を決めていた。本年度は新たに1年生が9人入部。そのうちの3人も全国大会に出場する予定。

7月上旬、部室から響く太鼓の音が校内に響いていた。

町田部長は「まだまだ練習が必要」と引き締める。「全体的に士気が上がり切っていない。個々の技術もまだ満足いくものではない」。

町田部長は太鼓を叩く1年生の所へ行き、腕の位置を少し上げるよう指示する。同部には顧問の教諭はいるが、技術的な指導者はおらず、生徒が代々、技術を継承している。

卒業生が指導に訪れることもあり、「それぞれ、あれがいい、これがいいとなることもある。専門の指導者がいない中で(先輩の指導は)大きい」と話す。「いきなり全体で合わせるのは難しい。(太鼓の種類で分かれた)パートごとに一体感を持たせ、それから全体を完成させたい」と意気込む。

町田部長の胸の内には複雑な心境もある。代々引き継いできた同部のオリジナル曲「SUNRISE~壱岐のあけぼの」。先の県大会で演奏し、07年に先輩が金賞を獲った曲でもある。

基本に忠実を意識しているが「曲は変わらないが、その年その年の曲調があり、それがいい面でもあるが、(先輩の時と)同じ指導者がいるわけではなく、何が正解かわからない。自分が言っていることが正解なのか―」と自問自答。「緊張もあるが、今までやってきたことを出し切りたいと思う」と前を向く。秘めた思いを胸に〝答え〟を探す練習が続いている。

郷土芸能部門には58校が出場予定で、同部は4日の3番目、午前10時頃に演奏する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202110/11

平均価格が4万6千円増 巻き返し傾向の子牛市場

JA壱岐市の定期10月子牛市場が1、2日、芦辺町の壱岐家畜市場で開かれ、平均価格は74万8256円(牝64万1167円、去勢82万7489円…

202110/11

弟宛の直筆手紙など発見 50年以上ぶりに開錠、貴重史料数十点 松永安左エ門翁 生家の金庫

石田町出身の偉人、松永安左エ門翁(1875~1971年)の生家にある金庫2つが開錠され、その1つの松永家の金庫から、松永翁直筆の手紙や契約書…

202110/11

假屋崎省吾さん来島 壱岐王様バナナをPR

華道家の假屋崎省吾さん(62)が9月29日、芦辺町の株式会社コスモファームが経営するバナナ農園で「壱岐王様バナナ」をPRした。 假屋崎…

202110/4

本市から2団体が受賞 ながさき水産業大賞

本年度ながさき水産業大賞(同運営委員会主催)の受賞者が22日に発表された。 本市からは、県漁業協同組合連合会長賞(魅力ある経営体部門)…

ページ上部へ戻る