友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20215/3

JA壱岐市初の独自加工商品。壱岐牛シリーズ7品目を販売。

JA壱岐市は初めてのオリジナルブランド商品「壱岐牛シリーズ」7商品を5月から販売する。

名門料理学校ル・コルドン・ブルー・パリで学び、同東京校で講師を務め、パリのミシュラン星付きレストランで料理に携わってきた多田鐸介シェフにフードプロデューサーを依頼。同氏と意見交換を重ね、試食アンケートを行って開発した。

7商品のうち、ゴールデンウィーク先行販売として5月1~5日にアグリプラザ四季菜館、島の駅壱番館でセール価格で販売するのは「壱岐牛のカレー特選プレミアム200㌘」(890円)と「壱岐牛ハヤシライス200㌘」(910円)。カレーは壱岐牛を煮込み、こだわりのカレーパウダー、ガラムマサラ、クミンシードなどの香辛料に果実、ハチミツなどを加えたカレーペーストから丁寧に仕込んだ本格派で優雅な香りが漂う。ハヤシは壱岐牛に赤ワイン、トマトを加えた濃厚な旨味と甘み、程よい酸味が特徴となっている。

今後「壱岐牛のカレー180㌘」「壱岐牛入りキーマカレー180㌘」「壱岐牛ビーフシチュー250㌘」「壱岐牛ハンバーグ・デミグラスソース190㌘」「壱岐牛入りボロネーゼソース150㌘」を順次販売する。

JA壱岐市は「牛肉産地では多くの加工品が販売されているので、壱岐牛をより幅広く知ってもらうためにもJAとしてのオリジナル商品が欲しいと思っていた。A4~5の壱岐牛を原料としているので、価格はどうしても高くなるため島外富裕層が販売ターゲットとなるが、ゴールデンウィークセールでは原価ぎりぎりで販売するので、ぜひ島内の人にも味わってもらいたい。今後はふるさと納税返礼品や通販サイトでの販売など、全国、世界へ向けて販路を拡大していく」と壱岐牛ブランド発展のためアイテムとしていく考えだ。

プロデューサーを務めた多田シェフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20219/13

西鉄薬院駅に大型広告 猿岩大きくPR

市は福岡市の西鉄薬院駅の下りホームに、高さ5・2㍍、幅2・8㍍の看板広告を設置し、乗降客に壱岐観光をPRしている。 国の離島活性化交付…

20219/13

今季は特等米も 日本酒仕込み開始 新酒は10月下旬に 重家酒造

日本酒を製造する重家酒造横山蔵で今季の製造が始まった。 酒米の初蒸しとなった6日は、早朝から酒のもとになる麹を造る米120㌔を甑(こし…

20219/13

道下美里さんが金メダル 「壱岐は第2のふるさと」 東京パラリンピック 視覚障害女子マラソン

東京パラリンピック最終日の5日、陸上女子マラソン視覚障害T12が東京・国立競技場を発着点とする42・195㌔のコースで行われ、これまで本市で…

20219/6

松尾さんが最優秀賞受賞 中学生弁論大会県大会

 8月3日にビデオ審査方式で開かれた第71回「社会を明るくする運動」中学生・高校生長崎県弁論大会(同運動県推進委員会主催)の結果がこのほど発…

ページ上部へ戻る