友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20211/20

封じ込め成功を表明、謝罪も=白川市長

市は20日、午後5時時点で新たな新型コロナウイルス感染者がいなかったと発表した。
行政検査者数はゼロだった。
12月28日以降の累計陽性者56人のうち、回復者は2人増えて53人。
療養状況は入院1人、入所等2人の計3人となっている。
市内では7日間連続で新たな感染者が出ておらず、壱岐保健所による調査により感染経路等はほぼ解明されていることから、白川博一市長は「今回の新型コロナの感染拡大は封じ込めが出来たものと考えている」と封じ込めに成功したことを表明した。
一方で白川市長は「この度の感染拡大は、12月24日の壱岐市職員による大人数での飲食が大きな原因の一つであり、市職員に対しては反省を促すとともに、指導を徹底しております。市役所の最高責任者として市民皆様に心よりお詫び申し上げます。また、12月18日には、私自身が大人数での懇親会に参加しており、危機意識に欠けたことを深く反省しております。重ねてお詫びを申し上げます」と防災放送で市民に謝罪した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20229/19

都道府県対抗中学バレー 県選抜に 郷ノ浦3年、松山凌大さん

第36回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(12月25~28日、大阪市)に出場する県選抜選手に、郷ノ浦3年、松山凌大さんが選出された。本市…

20229/19

市内最大「山川家のエノキ」 台風の強風で折れる

台風11号の強風で、郷ノ浦町平人触の市指定天然記念物「山川家のエノキ」が折れているのが見つかった。 所有者の男性が、6日朝に家周辺を見回っ…

20229/19

海を眺めて朝ごはん 市民ら壱岐の食材に舌鼓

勝本浦まちづくり協議会主催の「朝市であさごはん」が11日、黒瀬駐車場で開かれ、市民らが勝本湾を眺めながら朝食を楽しんだ。 朝市商店街の活性…

20229/12

庭園で偶然発見の「からわけ」 博物館講座で河合副館長が解説

一支国博物館の壱岐学講座が4日にあり、同館の河合恭典副館長が国津神社(郷ノ浦町渡良浦)で見つかった「かわらけ」(土師器)について話した。 …

ページ上部へ戻る