友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20211/20

封じ込め成功を表明、謝罪も=白川市長

市は20日、午後5時時点で新たな新型コロナウイルス感染者がいなかったと発表した。
行政検査者数はゼロだった。
12月28日以降の累計陽性者56人のうち、回復者は2人増えて53人。
療養状況は入院1人、入所等2人の計3人となっている。
市内では7日間連続で新たな感染者が出ておらず、壱岐保健所による調査により感染経路等はほぼ解明されていることから、白川博一市長は「今回の新型コロナの感染拡大は封じ込めが出来たものと考えている」と封じ込めに成功したことを表明した。
一方で白川市長は「この度の感染拡大は、12月24日の壱岐市職員による大人数での飲食が大きな原因の一つであり、市職員に対しては反省を促すとともに、指導を徹底しております。市役所の最高責任者として市民皆様に心よりお詫び申し上げます。また、12月18日には、私自身が大人数での懇親会に参加しており、危機意識に欠けたことを深く反省しております。重ねてお詫びを申し上げます」と防災放送で市民に謝罪した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20221/17

雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

一支国博物館屋上芝生広場、展望室で1日、新年恒例の初日の出観望会が行われた。新型コロナの第6波が全国的に拡大しているため、島外からの初日の出…

20221/17

「挑戦し続けます」 成人式で誓い新た

市成人式が9日、壱岐の島ホールであり、新成人の対象者261人のうち230人が出席。成人としての誓いを新たにした。 式では白川博一市長が…

20221/17

地鎮祭の跡も? 発掘現場で説明会 埋文センター

県埋蔵文化財センターはこのほど、本年度発掘調査現地説明会を原の辻遺跡北側の閨繰(みやくり)地区近くの調査現場で開いた。 市民約30人が…

20221/3

壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(71)と盈科小学校交通少年団のメンバーらが24日、壱岐警察署に手作りの門松1対を寄贈。玄関前に飾った。 …

ページ上部へ戻る