友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20209/28

福原悠吾が6年百㍍優勝。県ジュニア陸上選手権。

第49回県ジュニア陸上競技選手権大会が22日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれ、壱岐ジュニアランナーズ(Jr)から7人、郷ノ浦中から1人が出場。男子Cクラス(小学校5、6年生)百㍍決勝で、壱岐Jrの福原悠吾(志原6年)が優勝した。

福原は予選1組で12秒77の自己ベストをマークし、予選トップで決勝に進出。決勝は12秒86と予選の記録はやや下回ったものの、2位の武本凰希(調川Jr6年)に0秒24差をつける圧勝となった。

福原は昨年、日清カップ第35回全国小学生陸上競技交流大会県予選の小学5年男子百㍍で優勝し、全国大会でも4位に入る活躍を見せた。今年は全国大会優勝を目指して練習を積んできたが、全国小学生交流大会は県予選、全国大会とも新型コロナウイルスの影響で中止となり、今大会が小学生短距離では唯一の公式大会だった。小学校での全国制覇の夢は不運にも叶わなかったが、中学生になる来年以降の活躍が大いに楽しみになってきた。

【成績】▽男子Cクラス百㍍決勝 ①福原悠吾(壱岐Jr6年)12秒86▽男子Dクラス百㍍決勝 ⑤加勢田隆希(壱岐Jr4年)15秒60▽男子Cクラス4×百㍍リレー決勝 ⑥壱岐Jr(加勢田莉空、竹下瑛汰郎、松本侑志、福原悠吾)56秒79▽女子Cクラス走り幅跳び決勝 ⑧岩本栞(壱岐Jr6年)3㍍75

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20215/3

長岡秀星展Ⅱがスタート。壱岐育ちの世界的イラストレーター。

一支国博物館の第54回特別企画展「長岡秀星Ⅱ」が23日に同館1階テーマ展示室で始まった。同館での長岡秀星の作品展は2016年11月の「追悼展…

20215/3

5月末発売へ最終調整。壱岐の蔵酒造のクラフトジン。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は20日、温泉旅館壱岐リトリート海里村上(大田誠一総支配人)と共同開発しているクラフトジンの商品化に向け…

20215/3

JA壱岐市初の独自加工商品。壱岐牛シリーズ7品目を販売。

JA壱岐市は初めてのオリジナルブランド商品「壱岐牛シリーズ」7商品を5月から販売する。 名門料理学校ル・コルドン・ブルー・パリで学び、…

20214/26

紫色あざやかに。弁天崎公園のフジが満開。

郷ノ浦町の弁天崎公園内のフジが見頃を迎え、公園をウォーキングする市民が足を止めて見入っている。公園中ほどに設けられたフジ棚から紫色の花を無数…

ページ上部へ戻る