友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

平均価格57万円突破 金太郎3産子が高値 10月子牛市

セリ市(高額での取引が続いた金太郎3の子) 壱岐家畜市場の定例10月子牛市が1、2日に同市場で開催された。2日間トータルで670頭(牝281頭、去勢389頭)が入場し、全頭が取引成立。販売総額は約3億8200万円で、前回(8月市場)を約6100万円上回った。
平均価格は57万211円で、前回(53万8337円)比105・9%の伸び。過去最高記録となった4月市場(57万3427円)に迫った。
JA壱岐市・谷口覚畜産部長は「全国的な品薄感から枝肉価格上昇傾向にあり、また消費拡大も進んでいることが反映された。まだまだ頭数は足りないが、何とか昨年10月市場(654頭)を上回る入場を確保できたことは一定の評価をしたい」と話した。
明るい材料としては、平茂晴に続く壱岐産の新スーパー種雄牛・金太郎3の産子が69頭(牝22頭、去勢47頭)入場し、平均価格は牝が52万2622円、去勢が66万477円の高評価を受けたこと。去勢は平茂晴(62万3314円)を上回った。平均日令は平茂晴よりも約20日間ほど若かったが、平均体重は上回った。
初登場の8月市場は2頭の入場だったが、今市場から華やかな本格デビュー。44頭が入場した9月の平戸口中央市場でも高値で取引されており、長崎和牛の明日を担う存在になっていきそうだ。

セリ市(700万円以上の高値も続出)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20215/3

長岡秀星展Ⅱがスタート。壱岐育ちの世界的イラストレーター。

一支国博物館の第54回特別企画展「長岡秀星Ⅱ」が23日に同館1階テーマ展示室で始まった。同館での長岡秀星の作品展は2016年11月の「追悼展…

20215/3

5月末発売へ最終調整。壱岐の蔵酒造のクラフトジン。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は20日、温泉旅館壱岐リトリート海里村上(大田誠一総支配人)と共同開発しているクラフトジンの商品化に向け…

20215/3

JA壱岐市初の独自加工商品。壱岐牛シリーズ7品目を販売。

JA壱岐市は初めてのオリジナルブランド商品「壱岐牛シリーズ」7商品を5月から販売する。 名門料理学校ル・コルドン・ブルー・パリで学び、…

20214/26

紫色あざやかに。弁天崎公園のフジが満開。

郷ノ浦町の弁天崎公園内のフジが見頃を迎え、公園をウォーキングする市民が足を止めて見入っている。公園中ほどに設けられたフジ棚から紫色の花を無数…

ページ上部へ戻る