友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20146/27

走った・跳んだ・闘った 中体連陸上・相撲大会

中体連(今年も存在感を存分に発揮した芦辺・田中亜可梨) 市中体連の陸上・相撲競技大会が15日、大谷公園グラウンド、芦辺中学校相撲場で行われた。
陸上は、昨年ジュニアオリンピックに出場するなど全国的な活躍を見せた田中亜可梨(芦辺2年)が、2年女子八百㍍で2分26秒9の大会新記録を樹立した(従来の記録は2007年鯨伏・白川愛結美の2分30秒90)。田中は共通女子千五百㍍でも圧倒的な強さを見せたほか、2年女子、共通女子四百㍍リレーでもアンカーとしてチームに2位をもたらす奮闘ぶりだった。
中長距離で田中の好ライバル・大久保舞香(芦辺3年)は、本格的な短距離との“二刀流”に挑戦。共通女子二百㍍で見事に優勝すると、そのまま共通女子千五百㍍のスタート地点に直行し、1分後にスタートという超ハードスケジュール。さすがに千五百㍍は後半にバテたが、改めてその走力の優秀さを示した。
相撲団体Aの部は、2年生2人が出場して昨年の県大会3位の成績を残した郷ノ浦が、今年は全員3年生でさらにパワーアップ。圧倒的な強さで6連覇を果たし、県大会制覇へ期待を膨らませた。個人戦も小森敬太(郷ノ浦3年)が連覇を果たした。
中体連(3年男子千五百㍍・甲原)▽3年女子百㍍優勝・後藤章歩(郷ノ浦)目標だった優勝ができましたし、共通女子リレーもアンカーとして務めを果たせた(優勝)ので結果は満足ですが、14秒4のタイムは昨年(2年女子百㍍を14秒5で優勝)とほとんど変わらなかったので、もっと詰めたかったです。
▽共通女子二百㍍優勝・大久保舞香(芦辺3年)中距離が専門だったのですが、学校の記録会で二百㍍を走った時に28秒台が出て、先生から「県大会を考えたらこちらの種目の方が良い」と言われて出場しました。28秒0は満足できる記録ですが、県大会でも27秒台で上位を目指したいと思います。
▽2年女子八百㍍優勝・田中亜可梨(芦辺)自己ベスト(昨年の県中体連優勝で記録した2分25秒05)にはわずかに及びませんでしたが、ずっと先頭で走った展開を考えれば、良い記録になったと思っています。千五百㍍は記録的に全然満足していません。
▽3年女子八百㍍優勝・西本侑弥(郷ノ浦)優勝はうれしいですが、記録は全然ダメでした。途中でもっとペースを上げなければいけなかったのですが。県大会では2分25秒を切るのが目標です。
▽共通女子走幅跳優勝・野元柚花(郷ノ浦3年)会心の跳躍でした。自己ベストは4㍍15でしたので、それを更新できたことが嬉しかったです。県大会はバスケットボールで出場します。
▽共通女子砲丸投優勝・竹藤龍香(石田3年)昨年(優勝)が8㍍10でしたので、試合で大きく記録を伸ばすことができたのは満足しています。ただ、練習では9㍍82まで出していたので、県大会でその記録を超えれば上位を目指せると思っています。

中体連(共通男子走高跳・川添)
▽2年男子千五百㍍優勝・三浦壱太朗(郷ノ浦)昨年の県大会(3位)が2分29秒71だったので、この記録では全然ダメです。自分でペースを作るのが難しかったです。共通男子3千㍍(9分50秒3で優勝)は雨海さん(勝本)と競って、自己ベストが出ました。
▽3年男子千五百㍍優勝・甲原海人(郷ノ浦)これまでは結果が出ておらず、昨年も7位だったのですが、先生たちの指導のおかげで、ようやく優勝することができました。すごく嬉しいです。
▽共通男子走幅跳優勝・長戸凌(郷ノ浦3年)昨年(優勝)が5㍍34でしたので、良い記録が出たと思っています。スタンドの近くで、みんなの応援の声が力になりました。兄(翔さん)が5年前に5㍍70で優勝していたので超えたかったのですが、それだけが残念です。県大会はバレーボールで出場します。

中体連(宣誓を行った石田・下條真輝)【相撲】▼団体Aの部 ①郷ノ浦(3勝、9点)②勝本(2勝、4点)③石田(1勝、3点)④芦辺(0勝、2点)
▼個人の部 ①小森敬太(郷ノ浦3年)②重松和輝(郷ノ浦3年)③深見翔(郷ノ浦3年)
▼団体Bの部 ①郷ノ浦(3勝、10点)②芦辺(2勝、9点)③石田(1勝、8点)④勝本(0勝、3点)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20226/27

ウクライナ支援金を寄付 九電、九電工両労組

九州電力労働組合福岡支部壱岐分会と九電工労働組合壱岐分会は14日、ウクライナ避難民への人道支援金10万5千円を、避難を支援している石田町在住…

20226/27

県議補選は一騎討ちへ 説明会に2陣営出席

7月1日告示、10日投開票の長崎県議選壱岐選挙区補選(定数1)の立候補予定者説明会が17日に市役所郷ノ浦庁舎で行われ、市議の鵜瀬和博さん(5…

20226/27

竹下紘夢がインターハイ出場決定 男子四百㍍で4位、予選は47秒台 全国高校総体 北九州地区大会

第75回全国高校陸上競技対校選手権・北九州地区大会(インターハイ予選)が16~19日に佐賀県のSAGAスタジアムで開かれ、壱岐高校から4人が…

20226/20

陸生ヒメボタル 木陰でひっそり 限定的に生息 勝本町新城神社周辺

勝本町の新城神社周辺でヒメボタルが飛び、幻想的な景色を作り出している。 風物詩となっている市内各所で乱舞するホタルは、水生のゲンジボタ…

ページ上部へ戻る