© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

国内初、3遺跡が集結 国特別史跡弥生集落3大遺跡展 一支国博物館

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一支国博物館の第9回特別企画展「国特別史跡弥生集落3大遺跡展」が20日に始まった。6月24日まで。

同展では弥生集落で国の特別史跡に指定されている登呂、吉野ヶ里、原の辻の3遺跡の出土品42点を展示。この3遺跡の出土品が一同に会して展示されるのは国内初で、展示品はレプリカではなく全て本物だという。 登呂遺跡の農耕具などの資料は九州で初公開、吉野ヶ里遺跡の資料は墳丘墓という王の墓から出土したものを、原の辻遺跡は中国から日本への交流をテーマに、他の地域では見られない資料を厳選している。同博物館は教科書などで知名度の高い登呂遺跡や吉野ヶ里遺跡と同レベルの「国特別史跡」に位置づけられている原の辻遺跡の価値を伝え、それぞれが持つ特徴を明確に打ち出し、弥生集落遺跡の存在を広く伝えたいという。同博物館学芸員、松見裕二さん(36)は「重要文化財を本土から離島に持ってきて、積極的に企画展をしている博物館は日本でも珍しい。島民の皆さんをはじめ、来館者に公開することで、より多くの人に文化財の価値や歴史を知ってもらいたい」と語った。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る