© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20176/30

社説・おいしい話には必ず裏がある

市内でも特殊詐欺の被害が出ている。その手口を取材すると、何故そんな単純な誘いに引っ掛かるのかと思ってしまうレベルなのだが、人間は言葉巧みな甘言に弱い生き物だし、ましてや高齢になると判断力が鈍くなる。IT系の言葉には慣れていない高齢者は「そんなこともあるのかな」と思ってしまっても不思議ではない。
私の専門である競馬の世界でも、昔から詐欺まがいの話が数多くある。新聞広告などでよく見るのが「予想会社」だ。「先週も大当たり」などと大きな見出しで儲かっていることを強調する広告や、元調教師、元騎手など著名人がアドバイザーとして顔を出しているものがある。
これまでの「的中実績」は、新聞社によっては事前に予想を提出させ、本当であれば掲載するというケースもあるが、これはあくまでも新聞社の自主規制であって、自由に掲載できる媒体もある。
巧妙なケースでは、同じ経営者が3~4社の予想会社を運営して、それぞれ違う予想を提供していることがある。どこかの社の予想が的中すれば、その社を大々的に宣伝する手口だ。
著名人はほとんどの場合は名義を貸しているだけで、実際に予想していることは少ない。もし予想をしていてもそれほど当たらないことは、新聞で予想を発表している元調教師、元騎手の予想成績を見れば明白だ。ある元騎手は1レースに50点くらいの予想を出して「当たった」と威張っているが、それだけ買えば誰でも数回に1回は当たるだろう。
「厩舎関係者だけにしか知らされない情報がある」というもっともらしい話が宣伝されているが、35年以上も競馬記者をしていたが、そんなおいしい話を聞いたことは一度もない。
確かに稀に馬券のうまい人はいるが、そういう人は他人に馬券を教える必要がない。教えたらオッズが下がるだけで、何のメリットもないからだ。
おいしい話には必ず裏がある。くれぐれも甘い言葉に乗せられないよう気をつけたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る