© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201510/27

アッパレカレー完成セレモニー 壱岐商生徒が考案、商品化 

壱岐商業高校(吉田惣治校長、305人)の生徒が商品開発講座の課題研究で考案した、壱岐産アスパラガスを使用したレトルト食品「アッパレカレー」(1パック200㌘・税別550円)の商品完成セレモニーが13日、同校で開催され、白川博一市長、JA壱岐市・川﨑裕司組合長らが試食を行った。セレモニーには長崎市からテレビ局が取材に訪れるなど「高校生が作ったカレー商品」の注目度は高く、白川市長も「壱岐のPRに大きく貢献してくれそうだ」と期待を込めた。
アッパレカレーの最大の特徴は、平成24年日本農業賞の最高賞となる大賞(集団組織の部)を獲得した壱岐産アスパラガスを25%も贅沢に配合している点にある。試食した白川市長は「アスパラガスが多く入っていることで、とてもあっさりとしているので、胃にもたれない。このようなカレーは食べたことがない。これは人気が出るのではないか」とアスパラを前面に押し出した戦略に感心した。
壱岐商の開発した商品は21年の「人面石クッキー」に続いて2例目。吉田校長は「生徒たちの柔軟な発想が、壱岐産アスパラガスの新たな魅力を引き出してくれた。このような商品の販売が全国に広がれば、壱岐で働く場が確保できる。高校生に対してのアンケートでは66%が将来は壱岐に帰って来たいと答えているので、卒業生たちが戻ってきて、活力ある壱岐にするために、第3、第4の商品開発にも取り組んでいきたい」と今後の方向性を示した。
アッパレカレーはJA直販店の四季菜館、壱番館などで販売されており、14日からは福岡市の博多阪急で島外販売にも取り組んでいる。また11月7、8日のJAフェスタではJA青年部12支部対抗で「アッパレカレー早食い競争」(5杯を1チーム3人のリレー形式で早食いする競争)の企画も立てられており、その様子は長崎の放送局がテレビ中継する予定。一気に島外へも知名度を高めていきそうだ。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

20192/15

堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊かな可能性を説く。

実業家の堀江貴文さん(46)とIki‐Bizの森俊介センター長(34)が11日、壱岐の島ホールで対談イベント「これからの地方の可能性」(Ik…

20192/8

今年も合宿オーディション。BiSHメンバーも参加。

昨年3月に本市で行われた芸能事務所WACK(東京都)の合宿オーディションが、今年も3月24日から30日まで、本市で開催されることが同事務所か…

20192/8

明石市長問題で考えること。

市職員に対しての暴言で辞職した兵庫県明石市の泉房穂前市長の話題がテレビのワイドショーで大きく取り上げられ、ネットでも様々な意見が噴出している…

ページ上部へ戻る