© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201510/27

アッパレカレー完成セレモニー 壱岐商生徒が考案、商品化 

壱岐商業高校(吉田惣治校長、305人)の生徒が商品開発講座の課題研究で考案した、壱岐産アスパラガスを使用したレトルト食品「アッパレカレー」(1パック200㌘・税別550円)の商品完成セレモニーが13日、同校で開催され、白川博一市長、JA壱岐市・川﨑裕司組合長らが試食を行った。セレモニーには長崎市からテレビ局が取材に訪れるなど「高校生が作ったカレー商品」の注目度は高く、白川市長も「壱岐のPRに大きく貢献してくれそうだ」と期待を込めた。
アッパレカレーの最大の特徴は、平成24年日本農業賞の最高賞となる大賞(集団組織の部)を獲得した壱岐産アスパラガスを25%も贅沢に配合している点にある。試食した白川市長は「アスパラガスが多く入っていることで、とてもあっさりとしているので、胃にもたれない。このようなカレーは食べたことがない。これは人気が出るのではないか」とアスパラを前面に押し出した戦略に感心した。
壱岐商の開発した商品は21年の「人面石クッキー」に続いて2例目。吉田校長は「生徒たちの柔軟な発想が、壱岐産アスパラガスの新たな魅力を引き出してくれた。このような商品の販売が全国に広がれば、壱岐で働く場が確保できる。高校生に対してのアンケートでは66%が将来は壱岐に帰って来たいと答えているので、卒業生たちが戻ってきて、活力ある壱岐にするために、第3、第4の商品開発にも取り組んでいきたい」と今後の方向性を示した。
アッパレカレーはJA直販店の四季菜館、壱番館などで販売されており、14日からは福岡市の博多阪急で島外販売にも取り組んでいる。また11月7、8日のJAフェスタではJA青年部12支部対抗で「アッパレカレー早食い競争」(5杯を1チーム3人のリレー形式で早食いする競争)の企画も立てられており、その様子は長崎の放送局がテレビ中継する予定。一気に島外へも知名度を高めていきそうだ。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る