© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201510/27

アッパレカレー完成セレモニー 壱岐商生徒が考案、商品化 

壱岐商業高校(吉田惣治校長、305人)の生徒が商品開発講座の課題研究で考案した、壱岐産アスパラガスを使用したレトルト食品「アッパレカレー」(1パック200㌘・税別550円)の商品完成セレモニーが13日、同校で開催され、白川博一市長、JA壱岐市・川﨑裕司組合長らが試食を行った。セレモニーには長崎市からテレビ局が取材に訪れるなど「高校生が作ったカレー商品」の注目度は高く、白川市長も「壱岐のPRに大きく貢献してくれそうだ」と期待を込めた。
アッパレカレーの最大の特徴は、平成24年日本農業賞の最高賞となる大賞(集団組織の部)を獲得した壱岐産アスパラガスを25%も贅沢に配合している点にある。試食した白川市長は「アスパラガスが多く入っていることで、とてもあっさりとしているので、胃にもたれない。このようなカレーは食べたことがない。これは人気が出るのではないか」とアスパラを前面に押し出した戦略に感心した。
壱岐商の開発した商品は21年の「人面石クッキー」に続いて2例目。吉田校長は「生徒たちの柔軟な発想が、壱岐産アスパラガスの新たな魅力を引き出してくれた。このような商品の販売が全国に広がれば、壱岐で働く場が確保できる。高校生に対してのアンケートでは66%が将来は壱岐に帰って来たいと答えているので、卒業生たちが戻ってきて、活力ある壱岐にするために、第3、第4の商品開発にも取り組んでいきたい」と今後の方向性を示した。
アッパレカレーはJA直販店の四季菜館、壱番館などで販売されており、14日からは福岡市の博多阪急で島外販売にも取り組んでいる。また11月7、8日のJAフェスタではJA青年部12支部対抗で「アッパレカレー早食い競争」(5杯を1チーム3人のリレー形式で早食いする競争)の企画も立てられており、その様子は長崎の放送局がテレビ中継する予定。一気に島外へも知名度を高めていきそうだ。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20185/18

ツマアカスズメバチ、新たに1個体捕獲。

九州地方環境事務所は11日、壱岐市内で8日に特定外来生物であるツマアカスズメバチ1個体を捕獲したと発表した。 市内では昨年9月に初めて…

20185/18

「ウエストリー」に見る地方創生。

「WESTORY」(ウエストリー)というブランドを聞いたことがあるだろうか。長崎県北部にある3つの老舗縫製工場が昨年10月に立ち上げた、メイ…

20185/18

日本初の無人機実証実験。国境監視、海難救助に期待。

米国の遠隔操縦航空機大手ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(以下、GA社)は10日、壱岐空港を拠点に無人機「ガーディアン…

20185/11

1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭

県神社庁壱岐支部(榊原伸支部長)は4月30日、芦辺町箱崎大左右触の佐肆布都(さしふつ)神社神田で、献穀田お田植え祭を開き、約130人が参加し…

20185/11

フェイスブックの有効な活用を。

壱岐市役所のフェイスブックページが4月27日に開設された。「自治体や首長もSNSを利用して積極的に情報発信をすべきだ」との要望は、これまで市…

ページ上部へ戻る