© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

利用客が40万人達成 ORC長崎~壱岐線

空港(記念品を受け取る植村さん) オリエンタルエアブリッジ(ORC)が平成13年3月1日に長崎航空から商号変更となって以降、長崎~壱岐線の累計搭乗旅客数が13日夕方、40万人に達し、記念式典が行われた。
40万人目となり、くす玉で祝福を受けたのは、大村市内の高校で寮生活を送っている勝本町の植村蓮乃さん(16)。昨春高校入学後、月に1度の帰省にORCを利用している。「壱岐空港に到着していきなり40万人目だと言われたので驚いたが、記念になることでうれしかった。高校に入学して初めて飛行機に乗り、最初は緊張していたが、最近はいつも窓際の座席で景色を眺めながら楽しく過ごしている。フェリーだと大村市まで時間が掛ってしまうので、この便があることは本当にありがたい」と話した。植村さんには壱岐特産のゆず製品詰め合わせ、長崎~壱岐往復チケット、花束が贈られた。
長崎~壱岐便は就航以来1日2往復の運航をしており、平成15年度以降は年間ほぼ3万人前後の利用がある。25年度は過去最高の3万2631人が利用し、搭乗率も過去最高の62・3%を記録。順調な伸びを見せている。
ORCの山口邦久社長は「離島航路は厳しい気象条件の中での運行があり、決して無理をせず安全運航を積み重ねてきた。40万人を迎えたことは感慨深い。地域に貢献できるようにVファーレンのサッカー教室やマラソン大会の手伝いなど、地域の皆さんと一緒に取り組んできた」とこの15年間を振り返った。話した。また今後について「協会群の世界遺産登録に合わせて、五島、対馬、壱岐と離島を巡る回遊ルートを整備したい」と語った。

空港(40万人達成で薬玉が割られた)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20196/14

500人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第31回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第19回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が9…

20196/14

島外者採用で新たな血を。

広報いき6月号に市の今年度新規採用職員が写真付きで掲載された。23人の若者たちのやる気あふれる表情には逞しさが感じられた。将来の壱岐市のため…

20196/7

最後の泥んこバレー大会、地元「田の真吾」が連覇。

第6回壱岐の島泥んこバレー大会(同実行委員会主催)が2日、原の辻ガイダンス前の田んぼで開催され、島外からの5チームを含む12チーム、約150…

20196/7

さらに観光サイトが必要か。

先日、ネットニュースの東洋経済ONLINEに興味深い記事が掲載された。日本遺産審査委員会の設立当時から委員を務めている小西美術工藝社のデービ…

20196/7

松下が県高総体八百メートル優勝。壱岐勢6人が北九州大会進出。

長崎県高校総合体育大会が1日から県内各地でスタートした。諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で行われた陸上競技では、男子八百㍍決勝で松下翔…

ページ上部へ戻る