© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

猿川伊豆「長崎街道プレミアム」 県特産品新作展で最優秀賞

特産品(最優秀賞に輝いた「長崎街道プレミアム」)第46回長崎県特産品新作展(県主催)が1月29日、長崎市の市民生活プラザホールで行われ、農産加工品・酒・飲料部門56点、水産加工品部門39点、菓子・スイーツ部門20点、工芸・日用品・その他の部門25点の計140点を、学識経験者、流通関係者ら10人の審査委員が審査を行い、農産加工品・酒・飲料部門で猿川伊豆酒造(芦辺町)の焼酎「長崎街道プレミアム」が最優秀賞を獲得した。
同商品は、アルコール度数を28度に高め、まろやかな口あたりで芳醇な味わいに仕上げ、高級感のあるアンティークボトルと、桐の外箱のデザインにもこだわった。同酒造は「これまで島内向けに、できるだけ安くて美味しい焼酎を作ることを中心に考えてきたが、首都圏からの観光客の土産品や、デパートなどで販売する場合は、ある程度の高級感が必要という考え方で、3年以上長期自然熟成させた古酒を、製品本来の希少性に見合うパッケージで提供した」と商品開発の意図を説明した。
「長崎街道」という命名は、江戸時代に長崎出島で荷揚げされた砂糖は、長崎から佐賀を経て小倉へと続く長崎街道を通り、京都、大阪、江戸へと運ばれたことから、400年余の歴史を持つ壱岐焼酎もこの道をたどり全国へ広がっていく願いを込めて付けられた。
表彰式は3月中旬に県庁で行われるが、他にも「長崎・職の商談会2015」(24日・東京プリンスホテル)、「春の県産品まつり」(4月上旬、長崎市浜屋百貨店)、県庁本館玄関ロビーでの展示など、各種メディアでPRされる。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る