© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20151/23

武生水が大会新で2連覇 郷ノ浦町内一周駅伝

郷ノ浦駅伝(ガッツポーズでゴールする武生水・山本さん) 第24回郷ノ浦町内一周駅伝大会が18日、初瀬浦~壱岐文化ホールの12区間31・7㌔に、6地区から72人が出場して行われた。
レースは2年ぶりの優勝を狙う志原が1区で先頭を奪ったものの、2区から7区まで武生水が区間賞を独占する圧倒的な強さで、後続を大きく引き離した。3区(小学生男子)三浦万次朗さん(盈科6年)と5区(中学生女子)末永結愛さん(郷ノ浦1年)は区間新記録の快走を見せた。
武生水は8区以降に区間賞こそなかったものの、安定した走りを見せて1時間57分10秒。平成25年に志原がマークした記録を37秒更新する大会新記録で2連覇を果たした。2位志原とは6分以上の大差となった。
昨年に続いてアンカーを務めた山本大智さん(21)は「昨年は2位と僅差でたすきを受けたが、今年は前半で大きく引き離してくれたので、楽な気持ちで走れた。みんなで大会新を狙って練習をしてきたので、達成できて良かった。今年のチームはすげえ強い!!」と笑顔を見せた。
【総合成績】①武生水1時間57分10秒(長田康平、松本隆之、三浦万次朗、末永恋菜、末永結愛、末永竜也、山口将孝、川下和明、後濱啓太、山本みのり、永藤怜、山本大智)②志原2時間03分35秒③初山2時間08分10秒④渡良2時間08分17秒⑤沼津2時間11分57秒⑥柳田2時間17分20秒
【区間賞】(武生水以外)▽1区山内基大(志原)▽8区竹藤智弘(志原)▽9区金丸智彦(初山)▽10区松山晃子(渡良)▽11区山中孝(志原)▽12区塚本浩一郎(渡良)

 

郷ノ浦駅伝(圧倒的な強さを見せた武生水チーム)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20195/17

盈科少年軟式野球クラブが全国大会へ。県大会準優勝で出場権獲得。

少年軟式野球の高円宮賜杯第39回全日本学童大会マクドナルド・トーナメント県予選が3~5日、大村市野球場などで行われ、壱岐市代表として出場した…

20195/17

5G時代見越した政策を。

4月22日に東京都の御蔵島、神津島、式根島、新島の4島で起こったNTT東日本の海底ケーブル断線事故は、全国ニュースで大きく報じられることはな…

20195/17

女子バスケットのトップチーム「三菱電機コアラーズ」が壱岐合宿。

バスケットボール女子日本リーグ(Wリーグ)で2018~19シーズンの準優勝チーム「三菱電機コアラーズ」の選手10人、スタッフ8人が12日から…

20195/10

ゴルフ場恒例の一般開放。令和初日の出は観られず。

異例の10連休となった今年のゴールデンウィークは、前半は天気がぐずつき、4月30日の平成最後の夕陽、5月1日の令和の初日の出観望は雲に覆われ…

20195/10

令和の目標はSDGs。

令和の新時代を迎えた。様々な問題を抱える日本の今後にとって、新時代の幕開けは打開のきっかけづくりになる。 北海道夕張市が財政破綻し、財…

ページ上部へ戻る