© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

七蔵めぐりに200人 肴は郷土料理

七蔵(焼酎試飲を行った参加者)

「壱岐焼酎七蔵めぐり」(壱岐焼酎蔵めぐり実行委員会主催)が22、23日に開催され、島外からの40人を含む延べ200人が壱岐焼酎の飲み比べを楽しんだ。
参加者は3千円のパスポートを購入し、循環バスで各蔵を移動。各蔵元では蔵自慢の壱岐焼酎と、アルマド(天の川酒造)、およごし(白あえ=山の守酒造場)、鯨なます(玄海酒造)、牛すじ煮込み(重家酒造)、めがらみ(切り干し大根をワカメと生姜酢醤油で和えたもの=猿川伊豆酒造)、ブリの皮(壱岐の華)、壱州湯豆腐(壱岐の蔵酒造)など壱岐独自の肴が用意され、島の食文化を体験した。
マリンパル壱岐では七蔵の利き酒大会などが催され、七蔵めぐり達成者には焼酎ミニボトルと柚子胡椒のプレゼント、さらに「しまとく通貨」などが当たる抽選会も行われた。
市観光商工課は「市制施行10周年、壱岐焼酎乾杯推進条例制定を記念して、2年ぶり2度目の開催。海外から英国の新聞社が取材に来島するなど、地理的表示の産地ブランド指定の認知度が高まったと感じています」と話した。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

20202/14

9人目の地域おこし協力隊員。いきっこ留学担当・大森さん。

市は3日、市地域おこし協力隊員(離島留学生コーディネーター担当)として福岡県柳川市からUターンした大森久子さん(48=芦辺町出身)に委嘱状を…

20202/7

最優秀は「焼酎まんじゅう」。壱岐焼酎料理レシピコンテスト。

壱岐焼酎料理レシピコンテスト(壱岐みらい創りサイト、同実行委員会主催)が2日、壱岐の島ホールで開かれ、22点の応募から書類選考を通った5点(…

20202/7

瀬戸地域まちづくり協議会。三島地区に続き開所式。

瀬戸地域まちづくり協議会の設立・事務所開所式が1日、箱崎地区公民館で行われた。市内18小学校区で設立準備が進められている、壱岐市の新たな地域…

ページ上部へ戻る