友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20211/6

市内で新たに3人感染

市は6日午後5時現在、新たな感染者が3人確認されたと発表した。3人はすでに感染が確認されている人の家族という。市の累計感染者数は56人(12月28日以降49人)となった。
白川博一市長は午後6時半に行った告知放送で前日に引き続き「感染者数の急増に伴いベッド数が不足するなど、医療現場では危機的な状況になっていると壱岐医師会、県壱岐病院から指摘をうけている」とし、3密の回避など感染予防を呼び掛けた。新たな3人の感染者情報は、県の発表がある7日午後4時過ぎに壱岐新聞ホームページに掲載予定。
また中村法道知事は6日午後6時から記者会見を行い、同日開催した専門者会議の意見を踏まえ県内全域の感染ステージを「4」に引き上げ、7日から17日まで不要不急の県外との往来を極力控え、会食を避けることを県民にお願いすること、また長崎医療圏(長崎市)に関しては不要不急の外出を控えるようにお願いすると発表した。感染経路は県外者との接触が55%を占めており、飲食店が要因である者は13%であることから、現段階では飲食店などへの時短営業や営業自粛は求めないとした。
壱岐市に関しては、医療現場のひっ迫はあるものの、クラスターの全容がほぼ解明できていることから、壱岐市長とも相談し特段の措置は取らないこととした。

壱岐新聞LINEでコロナ発生状況をお知らせしますので
友達を追加をクリックされてQRコードを読み込んでご登録下さい。

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る