© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20203/27

夢実現の応援に謝辞。壱岐SSCのOBら。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属していた時に、市のふるさと納税を活用した「子ども夢プラン応援」補助金で島外への遠征などをサポートしてもらった4人がこのほど、白川博一市長を表敬訪問し、「応援して頂き、ありがとうございました」と謝礼を述べた。

市長応接室を訪れたのは香椎彩香さん(東海大福岡高校1年~勝本中)、山本統介さん(芦辺中3年)、吉川明輝さん(長崎南山中2年~田河小)、山田大翔さん(瀬戸小6年)の4人。

香椎さんは今年度の全国高校サッカー女子選手権ベスト8など高校トップクラスの活躍。山本さんは県U‐15トレセンメンバーで、ピースマッチに県代表として出場。4月からは九州文化学園高校に進学。吉川さんは県中学新人大会に優勝し、スペインへサッカー留学も経験。山田さんは4月からVファーレン長崎U‐15に入団が決まっている。

香椎さんは「霞翠小時代に子ども夢プランの応援を受けて、トレセンなど全国レベルの中で何度も練習や試合ができたことが、今につながっている。福岡に出て1年が経ち、意識の高い選手の中でレベルの高い練習に取り組んでいるが、いまでも壱岐に支えられているという思いを常に感じている」と話した。

壱岐SSCの山田武範監督は「この4人以外にも日高希星(国見高1年~盈科小)、永田樹(長崎総大附1年~芦辺中)、山尾彗渡(長崎日大高1年~芦辺中)、佐藤ひかる(神埼高2年~郷ノ浦中)ら多くの選手が壱岐SSC時代に子ども夢プランの恩恵を受け夢実現へ向けて、いま島外で頑張っている。今後も子どもたちの夢を応援してもらいたい」と白川市長に制度の継続を要望した。

子ども夢プラン応援は、スポーツ・文化・芸術活動でその意欲と能力が認められ選抜され、市外で行われる強化練習、大会などに参加する場合、旅費の一部を補助するもので、今年度は17人が50件、計約80万円の助成を受けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20207/6

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

20207/6

高校野球代替大会。11日壱岐、12日壱岐商。

20207/6

柳田にコンテナ村。5日に1店舗目オープン。

20206/29

リブランドオープン。壱岐リトリート海里村上。

ページ上部へ戻る