© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが決まった。
同アカデミーはJ2Vファーレン長崎のユースチームで、トップチームからの一貫指導体制を確立しており、トップチームで活躍する選手、国際的なプレーヤーの輩出を目指している。U‐18、U‐15、U‐12のカテゴリー分けがされており、U‐15は週6日間、諫早・なごみの里運動公園、長崎市の県体協人工芝グラウンドなどで練習。ユースの県1部リーグを中心に試合を行っている。

山田さんは「サッカーを始めた1年生の頃から、将来はプロサッカー選手になるのが夢だった。島を出ることには迷いもあったが、よりレベルの高い場所で技術を高めたいと思った」と決意を語った。
山田さんは昨年8月に福島県のJヴィレッジで開催されたJFA(日本サッカー協会)フットボールフューチャープログラム(FFP)トレセン研修会U‐12東日本会場に、長崎県代表(16人)として参加。県トレセンでの研修、練習試合などにも常時参加しており、ジュニア世代トップレベルの実力を示している。

「MFとしてパスの精度の高さには自信を持っている。全国レベルの選手の中でもある程度は通用したと思っている。今後はこの精度をさらに高めていきたい。モドリッチ(レアル・マドリード)やイエニスタ(ヴィッセル神戸)のようなMFになるのが目標です」と山田さんは喜々津中学に進学し、Vファーレンで練習漬けになる新生活への思いを語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20209/28

福原悠吾が6年百㍍優勝。県ジュニア陸上選手権。

第49回県ジュニア陸上競技選手権大会が22日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれ、壱岐ジュニアランナーズ(Jr)から7人、郷ノ浦…

20209/28

羊6頭がお目見え。除草に一役。

芦辺町のイオン横の芝生広場に除草を目的とした羊6頭が登場し、買い物客らの目を引いている。 考案したのは、㈱なかはらの中原達夫会長(75…

20209/28

台風の農業被害。2憶5千万円超。

市農林課は台風9、10号による被害状況をまとめ、被害額は16日現在、2憶5189万8千円に上ることがわかった。 内訳はハウス等施設関係…

20209/21

台風災害復旧に。ふるさと納税募集。

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンクは7日、令和2年台風9・10号で被災した壱岐市の災害時緊急寄…

ページ上部へ戻る