友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201910/18

台風の事前情報充実を。

台風19号が東日本を中心に甚大な被害をもたらした。台風の発生当時から被害を心配していた。インターネット上でも情報が多く掲載され、気象庁も事前に警戒を促したが、それでも被害は出てしまった。

1~2日間で年間雨量の3~4割という記録的な豪雨で、河川の氾濫、堤防決壊などの事態は防ぎようがなかったのかもしれないが、自衛隊などのヘリでの救出場面を見ていると、気象庁が事前に「降水量は1200人を超える犠牲者を出した狩野川台風(1958年)に匹敵する恐れがある」と警告していただけに、洪水ハザードマップの危険区域住民は早めの避難ができなかったものか、とも思った。

本市は台風の暴風・強風圏から外れていたが、11日夜から風が強くなり、12日午前2時24分には暴風警報が発令された。まるで台風の直撃を受けているような風の強さで、12日は航路もすべて運休になった。台風本体から離れている日本海側で、これほどの強風が吹いていることで、今回の台風19号の尋常ではない規模だと肌で感じた。

そのため11日深夜からずっとテレビで台風の様子を気にしていたのだが、民放は収録バラエティ番組の放送。NHKは1時間ごとに台風関連ニュースを10分間程度放送と他はL字型テロップで情報発信していたが、進路予測、昼間の映像、一部定点カメラの映像だけでは、この台風の恐ろしさを伝え切れなかったように思えた。マスコミも、以前のように海の側での危険な取材はやらなくなったし、働き方改革で深夜の取材も少なくなったのだろう。だが深夜であっても、すでに風雨が強烈な各地の映像があれば、危機感を高められたのではないか。

被害が明らかになった13日は、NHKも民放もヘリなどを駆使して、終日ニュースで伝えていた。もちろんそれも意味があることだが、防災のためには事前の情報がより効果を発揮するものだ。報道の在り方を考えさせられる台風19号でもあった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202110/25

今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第1号 昨季は市内ゼロ

新型コロナ禍にインフルエンザの脅威も加わってきた。壱岐保健所は11日、第40週(4~10日)の感染症速報を発表。この期間に県内で今シーズン初…

202110/25

名所巡るトレッキング 箱崎まち協がコース作成

箱崎まちづくり協議会(浦川隆会長)は、観光客の増加や健康増進を目的に、同地区を巡るトレッキングコースを作成。来年4月のオープンを前に17日、…

202110/25

「夢はその時々で変わっていく」 Vファーレン・小柳さんが授業

Vファーレン長崎は11日、ホームタウン活動の一環で田河小学校で特別授業「V‐DREAM」を開き、普及インストラクターで元Vファーレン選手の前…

202110/18

壱岐高が優秀賞受賞 全国高校生歴史ファーラム

歴史論文の全国大会である第15回全国高校生歴史フォーラム(奈良大学、奈良県主催)の研究レポートの審査結果が8日に発表され、壱岐高校東アジア歴…

ページ上部へ戻る