友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201511/27

能満寺で講演会 文化財の謎を説明

NPO法人壱岐しま自慢プロジェクト(殿川穂理事長)は12月6日、勝本町の能満寺で「勝本山能満寺の3つの文化財」と題した講演会を行う。講師は市文化財保護審議委員・松崎靖男さん。参加費は資料代などを含めて5百円。定員は40人(先着順)。
3つの文化財は、①徳川家康の国書偽造など命を削る外交交渉を行った対馬藩主・宗義智の位牌、②明帝国の夜巡牌(夜間の通行手形)、③明治に廃寺となった三光寺の梵鐘(仏教で時を知らせるために 打鳴らす釣鐘)。対馬藩主の位牌がなぜ壱岐にあるのか、明の夜巡牌が壱岐にある理由は、梵鐘の鐘銘に書かれている内容は、などこれらの文化財について能満寺本堂で実物を見ながら(夜巡牌は写真展示のみ)謎を解き明かしていく。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/17

4日連ぞまで感染者ゼロ=17日市発表

市は17日、午後5時時点で新型コロナウイルス感染者がいなかったと発表した。 行政検査者数はゼロだった。 12月28日以降の累計陽性者56…

20211/16

感染者3日連続ゼロ=市発表

市は16日、午後5時時点で新型コロナウイルス感染者がいなかったと発表した。 行政検査者数はゼロだった。 12月28日以降の累計陽性者56…

20211/15

15日も感染者ゼロ=市発表

市は15日、午後5時時点で新型コロナウイルス感染者がいなかったと発表した。 行政検査者数はゼロだった。 12月28日以降の累計陽性者56…

20211/14

14日の市内感染者はゼロ=14日市発表

市は14日、午後5時までに市内で新型コロナウイルス感染者はいなかったと発表した。 行政検査者数もゼロだった。 12月28日以降の市内感染…

ページ上部へ戻る