© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

小中学生絵画展 小金丸記念館

絵画作品展(中学生のデッサン) 「市内小学校・中学校の絵画と書道作品展」(市教育委員会文化財課主催)の「絵画作品の展示」が15日から郷ノ浦町の小金丸幾久記念館アートギャラリーで始まった。2月3日まで。開館時間は午前9時~午後5時、水曜日休館。入場無料。
絵画作品は市内8小学校と4中学校から計431点。小学生は自画像、架空の動物、壱岐の名所・旧跡などの水彩画や版画、中学生は運動靴のカラーデッサン、デザイン画、愛鳥週間ポスターなどを展示している。
「書道作品の展示」は2月8日から同28日まで行われる。

絵画作品展(児童たちの斬新な作品)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20207/14

江戸文化の生活鮮やか。埋文センターで収蔵展。

県立埋蔵文化財センターのオープン収蔵展「長崎の近世×現代―出土品にみるくらしの今昔―」が3日、一支国博物館1階で始まった。観覧無料で10月1…

20207/14

観光拠点整備へ。遊覧船発着所も移転。勝本浦に埋立計画。

勝本町勝本浦の一部を埋め立てて、新たなまちづくりや観光拠点としての整備を進めていることが、県壱岐振興局と市への取材でわかった。 計画案…

20207/14

あまごころ壱場が閉店。従業員「ありがとうございました」。

あまごころ本舗㈱壱岐支店のあまごころ壱場が6月30日、閉店した。 閉店時間の午後5時に最後の客を見送ると、全従業員が入口前に並び、「あ…

20207/6

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた県産魚の消費拡大を図ろうと、県は6月から学校給食への提供を始め、本市では7日にマダイが提供される予定…

ページ上部へ戻る