© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20145/23

「よそ者」との融合で発展を

syasetsu 聞いていて悲しくなった。市庁舎建設基本構想案の内容説明会で、検討委員会の菊森淳文会長に対して、参加者から「あなたは壱岐の事情を知らないのに、この委員会の会長を引き受けたのではないか」という非難の声があったことだ。
この基本構想案を読めば、菊森会長がいかに真剣に壱岐のことを考えているのかがよく判る。壱岐市からの諮問に対して、現時点で考えられる最善の方策を探り、住民の立場に立った意見をまとめた。難しいメンバー構成の中で見事な手腕とリーダーシップを発揮して、答申をきっちりと作り上げた。
2011年には壱岐市観光振興計画策定委員会委員長を務め、昨年度は他にも長崎県庁跡地活用検討懇話会副会長、佐世保市競輪事業経営等検討委員会会長などで主導的な役職を兼務している「公的委員会のプロ」。その肩書にふさわしい仕事ぶりだった。
冷静な判断をするためには旧4町の事情など、むしろ知らない方が良い部分もある。その菊森氏に対して、答申された基本構想案が自分たちとは違う考えだからといって「壱岐の事情を知らないのに」と非難することは、「よそ者は黙っていろ」と言っているのに等しい。
建設に関しての賛否を論議するのは市民として当然のことで、建設など必要ないと考えている人も多くいるだろうし、本庁舎を郷ノ浦から移転させることなど絶対に認められないという強い思いの人もいるだろう。だが、それを島外者に対しての批判、排他的な考え方にすり替えてしまうのは、あまりにも悲しい。
「よそ者」が俯瞰(ふかん)の立場で壱岐を見ると、島民には見えていなかったもの、気付いていなかったものが発見できることも多いはずだ。それを頭ごなしに拒絶していたら、新たな発想、発展は生まれてこない。
「よそ者」の考え方にも、まずは耳を傾けてもらいたいと、「よそ者」である私は心から願っている。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る