© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20142/28

少年サッカー初の地元大会 壱岐アイランドカップ

サッカー(肥前FCと対戦した壱岐U12(左))

第1回壱岐アイランドサッカーフェスティバル(壱岐市少年サッカークラブ主催)が22、23日に芦辺・ふれあい広場、ダイエー壱岐店横芝生広場で、島外からの12チームを含め17チームで開催された。
壱岐の少年サッカーチームは「壱岐少年サッカークラブ」1団体だけで、対外試合を行うためには島外への遠征しか方法はなかった。「島内でも対外試合を行い、多くの壱岐市民に見てもらいたい」という山田武範監督の思いに、唐津、長崎、福岡、佐世保などのチームが協力して、壱岐で初めての少年サッカー大会が実現した。
山田監督は「遠征しなければならないという厳しい状況は対馬も同様で、この“アイランド”は対馬も含めてのネーミング。地元で試合を行えることは感慨深いものがありますし、これまで遠征のたびに本土のチームには送迎、フェリー便に合わせた時間の配慮など親切にしていただいた。この大会で少しでも恩返ししたい気持ちもあるのです」と話した。
大会は両会場2面ずつのコートを活用し、2日間でなるべく多くのゲームができるように工夫。多くの後援、協力を得て、会場では市ヘルスメイトがひきとおしを振る舞うなど、本土から参加したチームをもてなした。
県大会出場を決めるなどメキメキ実力をつけてきている壱岐少年サッカークラブU‐12は、決勝トーナメント1回戦で厳原WCFCU‐12を3‐0で破り準決勝に進出。優勝候補の肥前FCJrに挑んだが0‐5で敗退。3位決定戦は鳴美台SSSに2‐1で競り勝って、3位入賞を果たした。
肥前FCJrは決勝でも久田SCに5‐2で快勝し、その実力を十分に見せ付けた。山田監督は「うちはまだ肥前さんに1度も勝ったことがありません。やはり強かったですね。いつもお世話になっているチームなので、実力をつけてぜひ恩返しをしたい。地元で対戦できたことは、きっとチームをひと回り大きくさせるきっかけになると思っています」と大会の成果を語った。
【Aクラス総合順位】①肥前FCJr(唐津市)②久田SC(対馬市)③壱岐少年サッカークラブU‐12④鳴見台SSS(長崎市)⑤厳原ワイルドキャッツFCU‐12(対馬市)⑥横尾SSS(長崎市)⑦ブリステルFC(福岡市)⑧吉井世知原FCU‐11(佐世保市)

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20196/21

長岡が走幅跳、百メートル3連覇。市中体連陸上・相撲競技大会

市中体連陸上・相撲競技が、雨天のため1日順延され、16日に大谷公園グラウンドと芦辺中学校で行われた。陸上競技は機器トラブルのため手動計測とな…

20196/21

スポーツ施設の整備を。

市中体連、北九州高校総体など学生スポーツシーズンが花盛りを迎えている。壱岐商の松下翔紀さんはインターハイ出場を決め、盈科少年野球クラブも全国…

20196/21

壱岐商から25年ぶり快挙!松下がインターハイ出場決める。北九州総体男子四百㍍

第72回北九州高校総体陸上競技大会(インターハイ予選)が13~16日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれ、本市から5人(壱岐商3…

20196/14

500人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル

壱岐サイクルフェスティバル(第31回壱岐サイクルロードレース、同壱岐チャレンジロードレース、第19回壱岐ジュニアチャレンジロードレース)が9…

20196/14

島外者採用で新たな血を。

広報いき6月号に市の今年度新規採用職員が写真付きで掲載された。23人の若者たちのやる気あふれる表情には逞しさが感じられた。将来の壱岐市のため…

ページ上部へ戻る