© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20142/28

少年サッカー初の地元大会 壱岐アイランドカップ

サッカー(肥前FCと対戦した壱岐U12(左))

第1回壱岐アイランドサッカーフェスティバル(壱岐市少年サッカークラブ主催)が22、23日に芦辺・ふれあい広場、ダイエー壱岐店横芝生広場で、島外からの12チームを含め17チームで開催された。
壱岐の少年サッカーチームは「壱岐少年サッカークラブ」1団体だけで、対外試合を行うためには島外への遠征しか方法はなかった。「島内でも対外試合を行い、多くの壱岐市民に見てもらいたい」という山田武範監督の思いに、唐津、長崎、福岡、佐世保などのチームが協力して、壱岐で初めての少年サッカー大会が実現した。
山田監督は「遠征しなければならないという厳しい状況は対馬も同様で、この“アイランド”は対馬も含めてのネーミング。地元で試合を行えることは感慨深いものがありますし、これまで遠征のたびに本土のチームには送迎、フェリー便に合わせた時間の配慮など親切にしていただいた。この大会で少しでも恩返ししたい気持ちもあるのです」と話した。
大会は両会場2面ずつのコートを活用し、2日間でなるべく多くのゲームができるように工夫。多くの後援、協力を得て、会場では市ヘルスメイトがひきとおしを振る舞うなど、本土から参加したチームをもてなした。
県大会出場を決めるなどメキメキ実力をつけてきている壱岐少年サッカークラブU‐12は、決勝トーナメント1回戦で厳原WCFCU‐12を3‐0で破り準決勝に進出。優勝候補の肥前FCJrに挑んだが0‐5で敗退。3位決定戦は鳴美台SSSに2‐1で競り勝って、3位入賞を果たした。
肥前FCJrは決勝でも久田SCに5‐2で快勝し、その実力を十分に見せ付けた。山田監督は「うちはまだ肥前さんに1度も勝ったことがありません。やはり強かったですね。いつもお世話になっているチームなので、実力をつけてぜひ恩返しをしたい。地元で対戦できたことは、きっとチームをひと回り大きくさせるきっかけになると思っています」と大会の成果を語った。
【Aクラス総合順位】①肥前FCJr(唐津市)②久田SC(対馬市)③壱岐少年サッカークラブU‐12④鳴見台SSS(長崎市)⑤厳原ワイルドキャッツFCU‐12(対馬市)⑥横尾SSS(長崎市)⑦ブリステルFC(福岡市)⑧吉井世知原FCU‐11(佐世保市)

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/14

「助けて!」の訓練。壱岐署が防犯教室。

壱岐署はこのほど、郷ノ浦町の壱岐保育園(眞鍋久美子園長)で防犯教室を開き、41人の園児が参加した。 生活安全課・小鉢賢佑係長ら3人が同…

201812/14

協働と情報公開はセット。

6日に成立した改正水道法で水道事業運営の民間委託が促進されることになった。その賛否についてテレビのニュース、ワイドショーで取り沙汰されている…

201812/14

久間総務部長が潔白を答弁。退職願、長期休暇を説明。市議会一般質問

市議会定例会12月会議は10日、一般質問初日が行われ、赤木貴尚議員は10月から市民を騒がせていた不正入札疑惑に関して「長崎県警が市職員を事情…

201812/7

壱岐から最優秀に2人選出。県読書感想文コンクール

県内の小学生を対象にした第47回県読書感想文コンクール(県学校図書館教育研究会など主催)の中学年の部で、小山陽人さん(渡良3年)と寺井くるみ…

201812/7

V長崎戦観戦に無料バスを。

サッカーJリーグのレギュラーシーズンが終了し、Vファーレン長崎はJ1の18チーム中、最下位18位に終わり、J1生活は1年だけで来季からJ2に…

ページ上部へ戻る