© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

運営会社

運営元 壱岐新聞社
本社 〒811-5132
長崎県壱岐市郷ノ浦町東触942-1
代表者 山内 武志
サイトURL http://iki-guide.com
創立 2012.3.1
信条 壱岐新聞社は、新聞発行を基軸に 総合情報活動と創造的事業を展開します。地域と共に歩み、郷土の発展と、そこに生きる人々の幸せに貢献します。常に社会の変化を見つめ、社業の発展と生活向上を目指します。1.迅速、正確に報道し、公正な社論によって健全な世論を育てる。
2.自由、正義、人権を尊重し、平和で文化的な郷土の発展に資する。
3.壱岐の実情を解明し、産業の進展と生活の向上に寄与する。
4.品位と責任を重んじ、平明で親しみある紙面を作る。
 行動指針 ○適正な報道
取材・報道に際しては、中正公平に徹し、編集権の独立を堅持し、迅速で正確な情報を提供する。
○コンプライアンス
法令や社内規定、新聞倫理綱領、新聞広告倫理綱領等を誠実に順守し、社会的良識を持って行動する。
○情報の取り扱い
業務上収集した情報や個人情報は厳重に管理し、正当な業務目的以外に使用しない。会社の機密情報を外部に漏えいしない。
○知的財産権
会社の知的財産権を厳格に保全する。他社、他人の知的財産権を尊重し、侵害しない。
○社会的責任
地球環境問題の重要性を認識し、資源の有効活用やリサイクル、省エネルギーなどで環境保全に取り組む。科学技術や芸術・文化・スポーツの振興に寄与する。
○反社会的勢力の排除
社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的勢力とは一切関係を持たない。
 関連会社 株式会社アットマーク
特定非営利活動法人 いき交流文化デザイン研究所

201711/17

473人が還暦式出席。第二の人生をスタート。

全国で唯一、行政主導で還暦を祝う式典、壱岐市還暦式が10日、壱岐の島ホールで開かれた。1957年4月2日から58年4月1日生まれの市内在住者…

201711/17

元女子マラソン日本代表、加納由理さんが長距離指導。

県オリンピック・パラリンピック教育充実・啓発事業の一環でこのほど、元女子マラソン日本代表の加納由理さん(39)が壱岐高校で長距離走の指導と講…

201711/17

J1昇格V・ファーレンの今後。

サッカーJリーグのV・ファーレン長崎が、11日のカマタマーレ讃岐戦に3‐1で勝利し、シーズン残り1試合を残してJ1自動昇格の2位を確定した。…

201711/17

市民と委員にギャップ。原発再稼動に意見僅少。県原子力安全連絡会

県原子力安全連絡会(会長・豊永孝文県危機管理監)が7日、壱岐の島ホールで開かれ、九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)3、4号機の再稼動に…

201711/10

子どもたちの夢実現のために。

初山小学校が発行している「初小だより」に、「将来の夢(就きたい職業)」のアンケート結果が掲載されていた。 Q・将来就きたい仕事は何です…

ページ上部へ戻る