友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐産牡蠣に舌鼓 岩牡蠣まつり

岩牡蠣まつり

郷ノ浦町漁業協同組合(塚元富夫組合長)の「岩牡蠣まつり」が5日、同漁協定置部倉庫前で開かれ、多くの観光客や市民が来場。壱岐産牡蠣の濃厚な味わいを楽しんだ。

同漁協は、郷ノ浦4地区(武生水、初山、渡良、三島)で平成17年から牡蠣養殖を始め、同まつりは今年で2回目。来場者は1個が小ぶりなサイズの牡蠣から400㌘を越える4年物の牡蠣を炭火で焼き、醤油やポン酢をかけたり、何もかけずに礒の香りを楽しみながら食べる人も見られた。知人と訪れた平田年枝さん(66才)は「昨年は用事で来る事ができなかったので、今年はその分たくさん食べます」と笑顔で話した。同漁協参事の中山等氏は「本来なら4月21日から開催する予定だったが、海水の温度が上がらず、5月になってしまった。昨年は1日で約50㌔㌘の牡蠣を販売したが、今年は50㌕では足りそうにない」とうれしい悲鳴。同漁協は、予想以上の売れ行きに牡蠣の確保に一生懸命だ。次回は13日と20日午前11時から午後2時まで、同場所でイベントが行われる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202110/11

平均価格が4万6千円増 巻き返し傾向の子牛市場

JA壱岐市の定期10月子牛市場が1、2日、芦辺町の壱岐家畜市場で開かれ、平均価格は74万8256円(牝64万1167円、去勢82万7489円…

202110/11

弟宛の直筆手紙など発見 50年以上ぶりに開錠、貴重史料数十点 松永安左エ門翁 生家の金庫

石田町出身の偉人、松永安左エ門翁(1875~1971年)の生家にある金庫2つが開錠され、その1つの松永家の金庫から、松永翁直筆の手紙や契約書…

202110/11

假屋崎省吾さん来島 壱岐王様バナナをPR

華道家の假屋崎省吾さん(62)が9月29日、芦辺町の株式会社コスモファームが経営するバナナ農園で「壱岐王様バナナ」をPRした。 假屋崎…

202110/4

本市から2団体が受賞 ながさき水産業大賞

本年度ながさき水産業大賞(同運営委員会主催)の受賞者が22日に発表された。 本市からは、県漁業協同組合連合会長賞(魅力ある経営体部門)…

ページ上部へ戻る