© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐産牡蠣に舌鼓 岩牡蠣まつり

岩牡蠣まつり

郷ノ浦町漁業協同組合(塚元富夫組合長)の「岩牡蠣まつり」が5日、同漁協定置部倉庫前で開かれ、多くの観光客や市民が来場。壱岐産牡蠣の濃厚な味わいを楽しんだ。

同漁協は、郷ノ浦4地区(武生水、初山、渡良、三島)で平成17年から牡蠣養殖を始め、同まつりは今年で2回目。来場者は1個が小ぶりなサイズの牡蠣から400㌘を越える4年物の牡蠣を炭火で焼き、醤油やポン酢をかけたり、何もかけずに礒の香りを楽しみながら食べる人も見られた。知人と訪れた平田年枝さん(66才)は「昨年は用事で来る事ができなかったので、今年はその分たくさん食べます」と笑顔で話した。同漁協参事の中山等氏は「本来なら4月21日から開催する予定だったが、海水の温度が上がらず、5月になってしまった。昨年は1日で約50㌔㌘の牡蠣を販売したが、今年は50㌕では足りそうにない」とうれしい悲鳴。同漁協は、予想以上の売れ行きに牡蠣の確保に一生懸命だ。次回は13日と20日午前11時から午後2時まで、同場所でイベントが行われる。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/4

4月下旬リニューアルオープン。イルカパークを観光の目玉に。

昨年12月14日からリニューアル工事のため休園している壱岐イルカパーク(勝本町)が、GW前の4月下旬に営業を再開する。運営は壱岐パークマネジ…

20191/4

胸熱くした田中さんの疾走。

12月23日に京都市で行われた第30回全国高校女子駅伝に長崎県代表として初出場した長崎商業高校のキャプテンとして、芦辺中学出身の田中亜可梨さ…

20191/4

アスパラ生産にIT導入。SDGsは壱岐の未来予想図。自動運転車ドローンも。

未来都市のタイトルは「壱岐活き対話型社会『壱岐(粋)なSociety5・0』」、モデル事業は「Industry4・0を駆使したスマート6次産…

201812/28

田中さん(長崎商)4区を疾走。全国高校女子駅伝で26位。

第30回全国高校女子駅伝(通称・都大路)が23日、京都市西京極陸上競技場発着5区間(21・0975㌔)に58チームが出場して行われ、田中亜可…

201812/28

不可解な採点が原因か。

来年4月から指定管理者が替わる市ケーブルテレビだが、その引き継ぎが難航している。現指定管理者の関西ブロードバンドと市は弁護士を通して話し合い…

ページ上部へ戻る