© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐産牡蠣に舌鼓 岩牡蠣まつり

岩牡蠣まつり

郷ノ浦町漁業協同組合(塚元富夫組合長)の「岩牡蠣まつり」が5日、同漁協定置部倉庫前で開かれ、多くの観光客や市民が来場。壱岐産牡蠣の濃厚な味わいを楽しんだ。

同漁協は、郷ノ浦4地区(武生水、初山、渡良、三島)で平成17年から牡蠣養殖を始め、同まつりは今年で2回目。来場者は1個が小ぶりなサイズの牡蠣から400㌘を越える4年物の牡蠣を炭火で焼き、醤油やポン酢をかけたり、何もかけずに礒の香りを楽しみながら食べる人も見られた。知人と訪れた平田年枝さん(66才)は「昨年は用事で来る事ができなかったので、今年はその分たくさん食べます」と笑顔で話した。同漁協参事の中山等氏は「本来なら4月21日から開催する予定だったが、海水の温度が上がらず、5月になってしまった。昨年は1日で約50㌔㌘の牡蠣を販売したが、今年は50㌕では足りそうにない」とうれしい悲鳴。同漁協は、予想以上の売れ行きに牡蠣の確保に一生懸命だ。次回は13日と20日午前11時から午後2時まで、同場所でイベントが行われる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る