© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐産牡蠣に舌鼓 岩牡蠣まつり

岩牡蠣まつり

郷ノ浦町漁業協同組合(塚元富夫組合長)の「岩牡蠣まつり」が5日、同漁協定置部倉庫前で開かれ、多くの観光客や市民が来場。壱岐産牡蠣の濃厚な味わいを楽しんだ。

同漁協は、郷ノ浦4地区(武生水、初山、渡良、三島)で平成17年から牡蠣養殖を始め、同まつりは今年で2回目。来場者は1個が小ぶりなサイズの牡蠣から400㌘を越える4年物の牡蠣を炭火で焼き、醤油やポン酢をかけたり、何もかけずに礒の香りを楽しみながら食べる人も見られた。知人と訪れた平田年枝さん(66才)は「昨年は用事で来る事ができなかったので、今年はその分たくさん食べます」と笑顔で話した。同漁協参事の中山等氏は「本来なら4月21日から開催する予定だったが、海水の温度が上がらず、5月になってしまった。昨年は1日で約50㌔㌘の牡蠣を販売したが、今年は50㌕では足りそうにない」とうれしい悲鳴。同漁協は、予想以上の売れ行きに牡蠣の確保に一生懸命だ。次回は13日と20日午前11時から午後2時まで、同場所でイベントが行われる。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20185/18

ツマアカスズメバチ、新たに1個体捕獲。

九州地方環境事務所は11日、壱岐市内で8日に特定外来生物であるツマアカスズメバチ1個体を捕獲したと発表した。 市内では昨年9月に初めて…

20185/18

「ウエストリー」に見る地方創生。

「WESTORY」(ウエストリー)というブランドを聞いたことがあるだろうか。長崎県北部にある3つの老舗縫製工場が昨年10月に立ち上げた、メイ…

20185/18

日本初の無人機実証実験。国境監視、海難救助に期待。

米国の遠隔操縦航空機大手ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(以下、GA社)は10日、壱岐空港を拠点に無人機「ガーディアン…

20185/11

1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭

県神社庁壱岐支部(榊原伸支部長)は4月30日、芦辺町箱崎大左右触の佐肆布都(さしふつ)神社神田で、献穀田お田植え祭を開き、約130人が参加し…

20185/11

フェイスブックの有効な活用を。

壱岐市役所のフェイスブックページが4月27日に開設された。「自治体や首長もSNSを利用して積極的に情報発信をすべきだ」との要望は、これまで市…

ページ上部へ戻る