友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20227/11

長澤みずきさんを任命 地域おこし協力隊

市は地域おこし協力隊(移住定住促進担当、政策企画課所属)の隊員に、群馬県太田市出身の元会社員、長澤みずきさん(33)を任命した。採用は1日付けで、任期は最長3年。任期中の隊員は6人となった。4日、市役所であった辞令交付式で白川博一市長が辞令を交付した。

長澤さんは販売員だった前職の転勤で、長崎市在住だった2019年、一人旅で初めて壱岐を訪れた。車窓から見えた清石浜の美しさに感動し、浜に降りると不思議と「帰ってきたなという感覚」があった。全国各地に住んだ経験があったが、その感覚は初めてで、いつかは壱岐に住みたいと思うようになった。その後、インターネットで壱岐について知らべ、協力隊に応募した。「私のような感覚になる人が必ずいると思い、そういう人の気持ちが一番わかる人になりたいと思いました」と応募の動機を語った。

また、「島内の方々が何を感じ、どんな風に仕事をして、島外から移住してきた人に対してどんな気持ちでいるのか、色々な人の意見を聞いて、皆が幸せになれるようにしたい」と意気込みを語った。趣味はお笑い番組を見ること。「人に笑ってもらうというのは凄い技術だと思います」と笑顔で話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20229/19

都道府県対抗中学バレー 県選抜に 郷ノ浦3年、松山凌大さん

第36回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(12月25~28日、大阪市)に出場する県選抜選手に、郷ノ浦3年、松山凌大さんが選出された。本市…

20229/19

市内最大「山川家のエノキ」 台風の強風で折れる

台風11号の強風で、郷ノ浦町平人触の市指定天然記念物「山川家のエノキ」が折れているのが見つかった。 所有者の男性が、6日朝に家周辺を見回っ…

20229/19

海を眺めて朝ごはん 市民ら壱岐の食材に舌鼓

勝本浦まちづくり協議会主催の「朝市であさごはん」が11日、黒瀬駐車場で開かれ、市民らが勝本湾を眺めながら朝食を楽しんだ。 朝市商店街の活性…

20229/12

庭園で偶然発見の「からわけ」 博物館講座で河合副館長が解説

一支国博物館の壱岐学講座が4日にあり、同館の河合恭典副館長が国津神社(郷ノ浦町渡良浦)で見つかった「かわらけ」(土師器)について話した。 …

ページ上部へ戻る