© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20203/6

箱崎地域まちづくり協議会。三島、瀬戸に続き開所式。

箱崎地域まちづくり協議会の設立・事務所開所式が1日、箱崎地区公民館で行われた。市内18小学校区で設立準備が進められている、「まちづくり協議会」の設立は、昨年10月の三島、今年2月1日の瀬戸地域に続いて3か所目となった。

箱崎地区では昨年4月から各公民館などが中心となり、まちづくり協議会の設立準備を始め、10月には住民アンケートを実施。12月からは各部会ごとにまちづくり計画書の策定を進めてきた。2月に浦川隆さんを会長、川原裕喜さんを副会長、江川常博さんを事務局長(集落支援員)とする執行部体制を決め、事務所を箱崎地区公民館内に設置する、まちづくり計画書を白川博一市長に提出した。

計画書のタイトルは「自然豊かで魅力あるまち『はこざき』~子どもからお年寄りまで、きずなを大切にするまち~」とした。

浦川会長は「小中学生、一般から817件のアンケート回答があり、箱崎地区の魅力、課題、問題点が改めて浮き彫りになった。その意見、提言をもとに各部会で課題解決に向けた計画書を作成した。海、山、川の大いなる自然、史跡や伝統芸能などの歴史遺産を守りながら、産業の活性化を推し進める。高齢化率は39・2%と市全体の37・0%を上回っており、地域全体での見守り、買い物など生活支援、災害時の取り組みなどの充実を図っていく」とまちづくりに意欲を見せた。

計画書に盛り込まれた事業計画は以下の通り。
【子ども部会】▽野犬対策▽通学路整備▽子どもが集える場所の確保▽大人にも小山弥兵衛さんについての広報活動
【安全・安心部会】▽シニア世帯の交流及び地域の健康づくり▽防災と危機管理▽買い物支援
【地域づくり部会】▽地域の環境づくり▽伝統行事の継承・三世代交流の推進▽男嶽神社・女嶽神社の環境整備
【産業振興部会】▽古くから地区に伝わる加工食品の特産品化▽「昭和のまちづくり」イベントの実施▽男岳山・女岳山を軸にした観光周遊ルートづくり
【総務部会】▽広報誌発行▽コミュニティバスの運行▽空き家対策事業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20207/6

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた県産魚の消費拡大を図ろうと、県は6月から学校給食への提供を始め、本市では7日にマダイが提供される予定…

20207/6

高校野球代替大会。11日壱岐、12日壱岐商。

新型コロナウイルスの影響で中止となった夏の甲子園大会地区予選、第101回全国高等学校野球選手権長崎大会の代替大会である「令和2年度長崎県高等…

20207/6

柳田にコンテナ村。5日に1店舗目オープン。

郷ノ浦町柳田触の中央サービス横にコンテナを活用した飲食店街「壱岐コンテナ村」の“開村”準備が進んでいる。5日には1店舗目として居酒屋「お食事…

20206/29

リブランドオープン。壱岐リトリート海里村上。

勝本町のホテル・壱岐リトリート海里村上(旧海里村上)が17日、リブランドオープンした。 オープンを前に16日、報道機関向け内覧会を開き…

ページ上部へ戻る