© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201912/6

33年ぶり鯨組「羽刺唄」披露。壱岐商業高校創立70周年式典

壱岐商業高校(長池純寛校長、238人)の創立70周年記念式典が11月23日、勝本町の西部開発総合センターで開かれた。同校の卒業生は1949年創立で、卒業生は9875人。

長池校長は式辞で同校創立からの経緯や、今年度全国高校選抜陸上競技600㍍での松下翔紀さんの全国優勝、2013年しおかぜ総文祭での情報メディア部の最優秀賞受賞など生徒の実績を紹介し「今後も地域に信頼される学校づくりをしていく」などと挨拶した。生徒代表の大久保凜さん(3年)は「70周年を大きな分岐点とし、さらに進化を重ねて次世代へバトンタッチする。これから社会に出て、壱岐商業高校卒業生として恥ずかしくないように、令和時代の日本を支えていく1人になることを誓う」と宣言した。

アトラクションでは壱州荒海太鼓部の16人(引退した3年生2人を含む)が勝本鯨組の「羽刺唄」を33年ぶりに復活させて披露した。羽刺唄は、この日の特別講演「未来に生きる君たちに~変化への対応~」を行った同校卒業生で元文科省初等中等教育局視学官の吉野弘一さんが、1986年の壱岐ロータリークラブ10周年記念行事のアトラクションで聴き、「この素晴らしい唄を残していくべき」と、歌い手の老人の自宅を訪れて録音し、文科省の音楽教科調査官に譜面化してもらい、伝承した曲だった。

壱州荒海太鼓部の岩﨑まりなキャプテンは「男子の唄に太鼓を合わせるのが難しくて不安だったが、大きな拍手をもらえて良かった。吉野先生が残してくれた音源をCDで聴きながら、2か月間練習してきた。人数が揃わないと演奏が難しいが、できれば今後もイベントなどで披露していきたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る