© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201910/11

壱岐土産にかんぼこ開発を。

9月27~29日に行われた「壱岐トライアル逆参勤交代」で、首都圏に勤務する10人が壱岐でのリゾートワーク環境を下見し、様々な提言を行った。わずか2泊3日の研修だったが、参加者は丸の内プラチナ大学に通い、地方創生などに高い関心を持つ人たちだけに、その提案・提言の多くは実に的を得ていた。地方創生に取り組む大手企業やコンサルタント会社の企画よりも、実効性の高いものだったようにも思えた。物事を俯瞰(ふかん)することの重要さを教えられた思いだ。

同じよそ者として「まさに同感だ」と思ったのが「壱岐にはお土産がない」という提言だった。あふれるほどの観光資源とグルメにあふれた島だが、旅行者が「壱岐らしいお土産を買って帰ろう」と思った時に、選べるものがごく少ない。もっとも壱岐らしい商品としては壱岐焼酎があるが、土産にするには重くてかさばる。生ものは土産には向かないし、菓子類にも「これぞ、壱岐」と思えるものが少ない。研修参加者は「会社の仲間に小分けできる、壱岐らしい土産の開発を、市がコンテストを開催するなどして開発してはどうか」と提言したが、まさにその通りだと思う。

これは県全体でも言えることで、県観光審議会でも同様の意見が交わされた。その時に県観光振興課から出されたアイデアの一つが「各市町が自慢のかんぼこ(かまぼこ)を創作し、土産の目玉にしては」というものだった。県はすぐに動き、その第1弾として7~10日に日本橋長崎館で「長崎かんぼこフェア」を開催している。タレントの松尾悠花さんを長崎かんぼこ王国親善大使に任命し、全国へ情報発信していく考えだ。

せっかくの県の取り組みに、壱岐も相乗りしていくべきだ。市内の水産加工場だけでなく、壱岐の漁村で古くから伝わるかんぼこを、コンテスト形式で募集して発掘し、「壱岐のかんぼこ」商品のラインナップを整えれば、土産物としても最適な商品になるのではないだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20209/28

福原悠吾が6年百㍍優勝。県ジュニア陸上選手権。

第49回県ジュニア陸上競技選手権大会が22日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれ、壱岐ジュニアランナーズ(Jr)から7人、郷ノ浦…

20209/28

羊6頭がお目見え。除草に一役。

芦辺町のイオン横の芝生広場に除草を目的とした羊6頭が登場し、買い物客らの目を引いている。 考案したのは、㈱なかはらの中原達夫会長(75…

20209/28

台風の農業被害。2憶5千万円超。

市農林課は台風9、10号による被害状況をまとめ、被害額は16日現在、2憶5189万8千円に上ることがわかった。 内訳はハウス等施設関係…

20209/21

台風災害復旧に。ふるさと納税募集。

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンクは7日、令和2年台風9・10号で被災した壱岐市の災害時緊急寄…

ページ上部へ戻る