© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20197/26

川谷勇貴さんらが教室。芦辺ランニングクラブ

芦辺ランニングクラブ(江川満代表)は13日、芦辺町の離島開発総合センター全天候型多目的施設で「ひらまつ病院陸上部 川谷選手・久米選手の陸上教室」を開催。同クラブ所属の小学生50人が参加した。

川谷勇貴さん(27)は壱岐商から九州国際大に進学し、現在はひらまつ病院(佐賀県)陸上部で副キャプテンを務めており、2018、19年ニューイヤー駅伝に出場。今年1月の壱岐の島新春マラソンではハーフマラソンで優勝。県下一周駅伝でもふるさと選手として壱岐チームの中心を担っている。久米幸輝さん(32)は父親が壱岐商で教師をしていたため、その赴任先の壱岐で生まれて小学3年までを過ごした。母親は本市出身で、壱岐との縁が深いことで、川谷さんとともに陸上教室に参加した。

長距離で実績を誇る2人は、スピードと持久力を同時に鍛える方法として、インターバル走法を子どもたちに伝授。100㍍を全力疾走し、50㍍をクールダウンして再び100㍍全力疾走を繰り返す練習を一緒に行った。「息があがっている状態で再び全力疾走することで、心肺機能が鍛えられる。普段は400㍍を15本走るトレーニングをしています」と川谷さんは実業団長距離選手の厳しい練習を紹介した。

子どもたちからの質問コーナーで「走る時に気をつけていることは」に対しては「最後まで同じペースを維持すること」(久米さん)、「地面からの反発を体に乗せるように意識すること」(川谷)、「きつくなった時の克服方法は」には「試合が終わった後に悔しさが残らないようにモチベーションを保つ」(川谷)などと答えた。

教室後に川谷さんは「陸上の楽しさが判ってもらえて、自分たちにも励みになる。身体能力が高い子が多い。最近、壱岐の子どもたちが陸上で好成績を残しているのは、小さい頃からランニングクラブでしっかりとした指導を受けているからではないか」と感想を述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20209/28

福原悠吾が6年百㍍優勝。県ジュニア陸上選手権。

第49回県ジュニア陸上競技選手権大会が22日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれ、壱岐ジュニアランナーズ(Jr)から7人、郷ノ浦…

20209/28

羊6頭がお目見え。除草に一役。

芦辺町のイオン横の芝生広場に除草を目的とした羊6頭が登場し、買い物客らの目を引いている。 考案したのは、㈱なかはらの中原達夫会長(75…

20209/28

台風の農業被害。2憶5千万円超。

市農林課は台風9、10号による被害状況をまとめ、被害額は16日現在、2憶5189万8千円に上ることがわかった。 内訳はハウス等施設関係…

20209/21

台風災害復旧に。ふるさと納税募集。

ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンクは7日、令和2年台風9・10号で被災した壱岐市の災害時緊急寄…

ページ上部へ戻る