© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20197/26

川谷勇貴さんらが教室。芦辺ランニングクラブ

芦辺ランニングクラブ(江川満代表)は13日、芦辺町の離島開発総合センター全天候型多目的施設で「ひらまつ病院陸上部 川谷選手・久米選手の陸上教室」を開催。同クラブ所属の小学生50人が参加した。

川谷勇貴さん(27)は壱岐商から九州国際大に進学し、現在はひらまつ病院(佐賀県)陸上部で副キャプテンを務めており、2018、19年ニューイヤー駅伝に出場。今年1月の壱岐の島新春マラソンではハーフマラソンで優勝。県下一周駅伝でもふるさと選手として壱岐チームの中心を担っている。久米幸輝さん(32)は父親が壱岐商で教師をしていたため、その赴任先の壱岐で生まれて小学3年までを過ごした。母親は本市出身で、壱岐との縁が深いことで、川谷さんとともに陸上教室に参加した。

長距離で実績を誇る2人は、スピードと持久力を同時に鍛える方法として、インターバル走法を子どもたちに伝授。100㍍を全力疾走し、50㍍をクールダウンして再び100㍍全力疾走を繰り返す練習を一緒に行った。「息があがっている状態で再び全力疾走することで、心肺機能が鍛えられる。普段は400㍍を15本走るトレーニングをしています」と川谷さんは実業団長距離選手の厳しい練習を紹介した。

子どもたちからの質問コーナーで「走る時に気をつけていることは」に対しては「最後まで同じペースを維持すること」(久米さん)、「地面からの反発を体に乗せるように意識すること」(川谷)、「きつくなった時の克服方法は」には「試合が終わった後に悔しさが残らないようにモチベーションを保つ」(川谷)などと答えた。

教室後に川谷さんは「陸上の楽しさが判ってもらえて、自分たちにも励みになる。身体能力が高い子が多い。最近、壱岐の子どもたちが陸上で好成績を残しているのは、小さい頃からランニングクラブでしっかりとした指導を受けているからではないか」と感想を述べた。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

20202/14

9人目の地域おこし協力隊員。いきっこ留学担当・大森さん。

市は3日、市地域おこし協力隊員(離島留学生コーディネーター担当)として福岡県柳川市からUターンした大森久子さん(48=芦辺町出身)に委嘱状を…

20202/7

最優秀は「焼酎まんじゅう」。壱岐焼酎料理レシピコンテスト。

壱岐焼酎料理レシピコンテスト(壱岐みらい創りサイト、同実行委員会主催)が2日、壱岐の島ホールで開かれ、22点の応募から書類選考を通った5点(…

20202/7

瀬戸地域まちづくり協議会。三島地区に続き開所式。

瀬戸地域まちづくり協議会の設立・事務所開所式が1日、箱崎地区公民館で行われた。市内18小学校区で設立準備が進められている、壱岐市の新たな地域…

ページ上部へ戻る