© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20193/22

島外の生活を知ることも重要。

3月は別れの季節。県振興局や教職員の人事異動、島外に進学・就職する高校生らが、七色の紙テープに見送られながら港から島を去っていく。何度経験しても別れはつらく、切ないものだ。

今年は長崎本土や福岡県の高校に進学する中学生が、例年よりもかなり多いようだ。スポーツ、文化面での特技を活かして、よりハイレベルな高校に進学して腕を磨くことは、大きな刺激になることだろう。進学する高校生にとっては、本市にはこころ医療福祉専門学校だけしか選択肢がないため、大半の高校生の島外進学は仕方がない。人口減少対策には島内就職促進が重要であるため、市、壱岐振興局は高校生のための合同企業説明会、企業訪問バスツアー、企業情報誌の作成など様々な取り組みを行っている。

また有人国境離島法による雇用拡大事業により、島内企業が多くの新規事業を手掛けるようになり、また新規参入企業も現れた。高校卒業生にとっては、島内でも魅力的な職業に就ける可能性が高まってきた。これらの施策で島内に就職する高校卒業生は増加しつつあるようだ。将来的に家を守ってもらうためにも、子どもが地元に残って就職してくれることは心強いことだと思う。だが、あまりに熱心に地元に引き留めることにも疑問がある。生まれてからずっと壱岐島の中で過ごしていたら、社会勉強をする機会がやはり乏しくなってしまう。もちろん地方が悪いわけではないが、都会でいろいろな経験を積んだことが、将来、壱岐に戻って来た時に大いに役立つはずだし、外から壱岐を見ることで、その魅力を再発見できることも多い。

講演会で堀江貴文さんが「壱岐が潤うためには『外貨』を稼ぐべきだ」と語っていた。島外の人を相手に商売をするためには、島外の人のニーズをしっかりと把握する必要がある。それには島外で生活を送らないと、なかなか判らない。高校卒業生には、島外で多くのことを勉強して、再び壱岐に戻ってきてもらいたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る