© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201812/7

V長崎戦観戦に無料バスを。

サッカーJリーグのレギュラーシーズンが終了し、Vファーレン長崎はJ1の18チーム中、最下位18位に終わり、J1生活は1年だけで来季からJ2に戻る。サポーター、県民にとっては残念な結果に終わったが、2月の開幕から4月末までは上位争いに食い込む健闘を見せて、一定の盛り上がりは見せた。

記者が以前に住んでいた北海道のコンサドーレ札幌はJ1、J2を何度も入れ替わった。J1の壁は厚かったが、挑戦し続けたことで徐々に態勢を整え、今季はJ1で4位と最高順位を記録した。サポーターにとっても、敗戦ばかりのJ1時より、勝利が続くJ2時の方がかえって盛り上がったこともあった。たとえJ2であっても、サポーターは勝ち試合を応援に行きたいもの。V長崎も来季J2で勝ち続ければ、サポーターはさらに熱く応援する。

だがJ1に再び昇格し、維持していくためには、更なるサポーター増強が不可欠である。今シーズンのV長崎のホームゲーム観客動員数は1試合平均1万1225人で、これもJ1最下位。J2の2チーム(新潟、松本)よりも下で全体の20番目の順位だった。19番目の柏はJ1で17位なので、成績がそのまま観客数に比例しているように見える。観客数が多ければそれだけ入場料収入もあり、補強などにも資金が使える。

JR長崎駅近くに計画されている新スタジアムは2023年完成予定で、あと4年間は現在のトランスコスモススタジアムを使用することになる。JR諫早駅から徒歩30分と交通の便の悪い現スタジアムを有効活用するために、アプリでの駐車場予約サービスや、民家の私有地を利用した軒先パーキングなど、高田明社長が知恵を絞っているが、なかなか難航している。それならばぜひ離島に目を向けてもらいたい。壱岐の場合、唐津港から無料バスを出してくれれば、土日曜のデイゲームなら観戦希望者は多くいるはず。県民一体となったV長崎応援に、壱岐も加わりたいものだ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る