© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201811/30

長崎らしい土産づくりを。

長崎県ブランド農産加工品認証制度「長崎四季畑」の総合審査会がこのほど開かれ、新規53商品、更新18商品が認証。認証商品は109商品となった。壱岐市の商品はこれまで、壱岐ゆず生産組合の「ゆべし」1商品だけの認証だったが、今回は新たに同組合の「ゆずの香」「ゆずマーマレード」、アグリファーム壱岐の「島ジャム・玉ねぎジャム」「同・紫玉ねぎジャム」の4商品が加わった。

長崎四季畑は平成24年度からスタート。県内農産加工品のブランド化を目的に、県内生産・加工、主に県内産食材の使用、衛生管理基準などに加えて味覚、デザイン性、長崎県らしさ、商品性、事業性などを総合的に審査して認証してきた。これまでの認証率は5割に満たない厳しいものだったが、今年度は58商品の中から53商品が認証された。県農林部農産加工流通課は「全体的なレベルが急激に高まってきた」と説明しているが、県内企業をできるだけ応援したいという思いから、認証基準をやや引き下げたことも影響したようだ。味覚などは個人差が大きいだけに、あまり厳しい審査にはそぐわない審査会なのかもしれない。

観光客の職場への土産としては「ひと目で長崎と判るもの(知名度、ネーミング、パッケージなど)」「社内で配れる1箱8~16個(袋)入り」「軽くてかさばらない」「適度な価格設定(1個当たり100~200円程度)」「保存性に高く、臭いがしない」「社内で食べやすい形状」などの条件が考えられるが、この109商品を見渡す限り、「これぞ、長崎土産!!」と思える商品はまだ見当たらないように思える。それだけに壱岐の農産加工業者にもチャンスがある。長崎四季畑の中でトップ人気を誇る商品を開発すれば、北海道の六花亭製菓(マルセイバターサンド)、石屋製菓(白い恋人)、宮城県の菓匠三全(萩の月)のように急成長できる可能性もある。来年度の審査会には、多くの業者に挑戦してもらいたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る