© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20188/31

野上さんの「あきらめない心」。

26日に行われたジャカルタ・アジア大会の女子マラソンで、野上恵子さん(32=十八銀行)が2時間36分27秒で銀メダルに輝いた。野上さんの所属する十八銀行女子陸上部は、5年前から本市で合宿を行っており、野上さんも毎年、参加している。今年は6月28日から7月5日まで、筒城ふれあい広場ジョギングコースなどでトレーニングを行い、6月30日には芦辺ランニングクラブの小学生ら80人を対象に陸上教室を開催。子どもたちと楽しみながら、基礎練習に汗を流した。

それからわずか2か月。子どもたちと一緒に練習をしていた野上さんが、日の丸を背負ってスタジアムで誇らしげな笑顔を見せていたのだから、テレビで応援していた壱岐の子どもたちの興奮ぶりは十分に想像できる。しかもそのレースぶりは圧巻だった。これまでの日本のマラソン選手は、有力選手の動きを見ながらレースを進めることが多かったが、野上さんは序盤から自分のペースで走って集団を先導し続けた。25㌔過ぎで仕掛けた世界女王チェリモさんにはついていけなかったが、その後も韓国、北朝鮮選手にピタリと後ろにつかれる不利を承知で2番手集団を先導し、40㌔過ぎの仕掛けで北朝鮮選手を突き放して2着。惚れ惚れするような堂々としたレースだった。

レース中は野上さんの陸上歴をゲスト解説の高橋尚子さんが何度も紹介していた。中学、高校時代はケガに苦しみ大会にはほとんど出場できず、十八銀行入行後もトラック、駅伝では目立った活躍ができずに「引退を覚悟して最後のレースのつもり」で初めてのフルマラソン、2015年名古屋ウィメンズに出走したところ、いきなり2時間28分台で6位入賞。29歳でマラソン人生の幕を開けた。今後はすでに出場権を確保している来年9月のMGCで東京五輪の代表を目指すなど、さらにハードな毎日が待っていると思うが、いずれ機会があれば是非、本市で講演を行い、子どもたちに「あきらめない心」を伝えてもらいたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201811/16

女子郷ノ浦7位、男子勝本10位。県中学総体駅伝競走大会

県中学総体の第60回男子駅伝競走大会(6区間20㌔=1・6区4㌔、2~5区3㌔)と第35回女子同大会(5区間12㌔=1・5区3㌔、2~4区2…

201811/16

交通マナーの徹底を。

先日、交通安全協会の優良運転者表彰を取材した際、2人の受賞者が口を揃えて指摘していたことが「壱岐のドライバーはマナーが悪い」というものだった…

201811/16

白川市長と中村知事、滑走路延長で論戦。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が12日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、小金丸益明市議会議長、山本啓介県議らが、県からは中村…

201811/9

満席の会場は爆笑の渦。三遊亭歌之介独演会

一支国博物館の特別企画展「しまごと芸術祭2018」の一環で1日、落語公演「三遊亭歌之介独演会」が3階多目的ホールで開かれ、180席が満席とな…

201811/9

障害者週間を前に考えること。

12月3~9日までの1週間は「障害者週間」に指定されている。国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経…

ページ上部へ戻る