© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20188/3

人口減少対策に定住促進策を。

県内の首長らが県と意見交換を行って課題解決に臨む「長崎!県市町スクラムミーティング」が7月19日、長崎市内で開かれ、本市からも白川博一市長、大崎義郎壱岐振興局長らが出席。人口減少社会に向けた対策、消防の広域化などについて話し合いを行った。県下共通の課題である人口減少は、集落対策と移住対策に重点が置かれた。集落対策としては、平戸市が取り組む新しいコミュニティの推進が、先進事例として紹介されたが、本市にはすでに自治公民館網が同様の働きをしており、今後は統廃合の問題なども出てくるだろうが、コミュニティの維持という面では本市の方が先を進んでいる印象を受けた。

移住対策は28年度に「ながさき移住サポートセンター」が開設されたことにより、相談件数とUIターン者数は28年度4187件454人、29年度5481件782人と順調に伸びて、年間UIターン者数は過去最高を更新している。本市も地域振興推進課に移住ワンストップ窓口を設置し、相談窓口を介してのUIターン者数は、平成18~29年度の10年間で78世帯119人のうち29年度だけで24世帯45人と成果が出ている。それでも29年度の転出超過数(日本人のみ)は120人と、転出が転入を大きく上回っている。

県は「離島・半島地域は特に住宅が不足しており、住宅対策が急務。移住後の地域定住に向け、サポート体制の構築も急務」と指摘した。本市は「いきしまぐらし」サイトを徐々に充実させているが、空き家バンク登録軒数は現在、老朽化が目立つ5軒だけだし、不動産取引に関するフォローもできない状況だ。定住サポートも足りない。新たな移住者に対しては補助金があっても、すでに移住している人が「定住」する際のフォローはほぼない。移住者は、地元民が当たり前に知っている情報でも知らないことが多い。本紙はそんな移住者に対しても、できる限りの情報提供をしていきたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

201911/8

空港滑走路延長には難色、後継機にATRを検討。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が10月31日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、豊坂敏文市議会議長、山本啓介県議らが、県からは…

201911/1

GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。

第10回市和牛共進会(JA壱岐市主催)が10月23日、壱岐家畜市場で開催され、種牛の部1部(若雌1)9頭、2部(若雌2)9頭、3部(繁殖雌牛…

201911/1

「誰一人取り残さない」難しさ。

市内18小学校区のトップを切って、10月1日に三島地区のまちづくり協議会が設立した。その迅速な対応、作成された計画書のレベルの高さなど、三島…

ページ上部へ戻る