© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20187/27

東京五輪へ向けて応援体制を。

2020年7月24日の東京オリンピック・パラリンピック開幕まであと2年を切った。各競技の代表候補選手が揃ってきており、平昌冬季五輪以上のメダルラッシュへ期待が高まっている。本市から五輪選手が登場してくれればさらに盛り上がりも頂点に達するのだが、残念ながらいまのところ、本市出身の候補選手はいない。だが毎年のように本市で合宿をしている陸上競技選手2人が候補になっている。女子マラソンの野上恵子さん(32=十八銀行)と視覚障害女子マラソンの道下美里さん(41=三井住友海上)だ。

野上さんは兵庫県出身で、高校までは目立った成績はなかったものの、2004年に十八銀行に入社してから素質開花。初マラソンの15年名古屋ウィメンズで6位、17年はアジアマラソン選手権に日本代表として出場して2位。今年3月の名古屋ウィメンズは5位(日本人3位)で2時間26分33秒の自己ベストをマークして、来年の東京五輪選手選考レース(MGC)への出場権を獲得。今年8月18日からのジャカルタ・アジア大会の日本代表選手にも選ばれている。野上さんは同銀行陸上部の合宿で本市を4度訪れており、今年は他のメンバーとともに芦辺ランニングクラブの児童らに陸上教室で指導を行い、市民と触れあった。

道下さんは09年から視覚障害者女子マラソンを始め、数々の大会に優勝。16年リオデジャネイロパラリンピックで銀メダル獲得。17年別府読売マラソンでは2時間56分14秒の世界新記録を樹立するなど、東京パラリンピック出場はほぼ確実視されている。壱岐では16年から毎年、合宿を行っており、昨年5月の壱岐ロータリークラブ創立50周年記念式典では講演を行った。

2人とも毎年合宿をしている壱岐を「第2の故郷」と言ってくれている。壱岐合宿が少なからず、いまの成績に影響を与えていると信じたい。市陸上競技協会と市が中心となって、まずは応援体制を整備してもらいたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る