© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20186/29

壱岐Jrリレー県大会連覇。8月18日横浜全国大会出場。

第34回全国小学生陸上競技交流大会長崎県予選が24日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれ、壱岐ジュニアランナーズ(Jr)から男子8人、女子7人が出場。男子4×百㍍リレー決勝で壱岐Jrチーム【山内琉空(りく)、重井鞍吏(あんり)、田中咲稀人(さきと)、東谷豊連(とよまさ)=いずれも6年】が54秒14で昨年に続いて連覇を果たした。

2008年北京五輪、16年リオデジャネイロ五輪でともに銀メダルを獲得し「日本のお家芸」と呼ばれている男子4×百㍍リレーだが、小学生では「壱岐のお家芸」となった。昨年は岩本瑞生(予選は吉川明輝)、福原成揮、立川聖、竹下紘夢のメンバーで県大会を圧勝し、全国大会でも準決勝まで進んだが、「スーパー小学生」と言われた竹下をはじめ、いずれも6年生だったため、今年はすべて新メンバー。未知数な部分も多かった。だが壱岐Jrは強かった。予選1組で54秒77の1位になると、予選5組までにこのタイムを超えるチームはおらず、予選2位の福江クラブAに0秒99差をつけてのトップ通過を果たした。

決勝はその福江が最大のライバルと目されていたが、同チームは1・2走間のバトンパスでミスして大きく遅れた。壱岐Jrは1走の山内から重井、田中、東谷と流れるようなバトンリレーを見せて、予選タイムを更新する54秒14。2位ISAHAYA JrAに1秒83の大差をつける圧勝で、昨年に続いてこの種目で全国切符を手にした。昨年は6年百㍍で決勝に進んだのは3位になった竹下1人だけだったが、今年は重井が3位、東谷が4位で、辞退した山内もいる。田中も準決勝に進んでおり、全体的なレベルでは昨年のチームに負けないものがある。全国大会での決勝進出も決して夢ではない。

▽1走山内「6年百㍍準決勝は13秒93の全体7番目で決勝進出を決めていたが、リレーに体力を温存するために決勝出場を取り止めた。それだけリレーで勝ちたい気持ちが強かったので、優勝できて本当に嬉しい」。
▽2走重井「バトンパスがスムーズにできたのが勝因だと思う。もっと練習すればまだタイムは詰められる」。
▽3走田中「初めての大きな大会で緊張したが、ミスなく走ることができて満足している。予選で2位とはかなりタイムが離れていたので、自信を持って決勝に臨めた」。
▽4走東谷「去年のチームと同じくらいのタイム(53秒82)で走りたかったが、残念ながら届かなかった。でも全国では昨年のチームよりも上の成績を目指したい」。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201811/9

満席の会場は爆笑の渦。三遊亭歌之介独演会

一支国博物館の特別企画展「しまごと芸術祭2018」の一環で1日、落語公演「三遊亭歌之介独演会」が3階多目的ホールで開かれ、180席が満席とな…

201811/9

障害者週間を前に考えること。

12月3~9日までの1週間は「障害者週間」に指定されている。国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経…

201811/9

中原康壽副市長が辞任。異常事態続く壱岐市、久間総務部長は長期休暇。

壱岐市は2日、中原康壽副市長(67)が10月31日付けで辞任したことを発表した。白川博一市長が非公開の市議会全員協議会で市議に報告した。辞職…

201811/2

現役五輪選手が指導。高瀬慧さんが陸上教室。

壱岐アスリートクラブ(黒木泰幸代表)は10月27日、イオン横芝生広場で、子どもたちを対象に無料陸上教室「壱岐にオリンピアンがやってきた!」を…

201811/2

説明責任を果たすことが重要。

早いもので今年も11月を迎えた。少し気が早いが、今年1年間の政治を振り返ってみると「モリカケ問題」に終始していた印象がある。新内閣が発足して…

ページ上部へ戻る