© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20134/19

薬膳カレーと独自商品の開発

syasetsu 芦辺町のダイエー壱岐店近くにおそらく初めてであろうカレー専門店が2月にオープンした。店名は「Bindi」。スパイシーカレーを売りとしている店だ。  北九州出身者としては馴染みがあるし、若い頃から食べていたので非常に懐かしい。なぜかというとこのカレーは北九州に本店がある「あんくるカレー」のチェーン店だからだ。  あんくる株式会社の嶋本淳一氏は大病したのをきっかけに、「健康は口に入れるものから」を合言葉に、安全で美味しく健康を考えた食事で、安く提供することが出来る食材を模索。約1年に渡る試行錯誤の結果、ターメリックやコリアンダー、フェンネルなど約30種類のスパイスを使用した、無添加の“薬膳カレー”を開発した。  あんくるカレーは1997年、北九州市立大学(福岡県北九州市)前に開業。厳選された素材の旨味と栄養価を十分に生かした手作りの薬膳カレーは、学生に腹いっぱい食べさせたいとの想いから、当初300円という破格値で提供し、当時の話題となっている(現在390円・普通盛)。  同氏は「フランチャイズ展開よりも全国各地の産物を活かした、カレーを使った商品開発に力を入れている」といい、障害者施設でカレーを生産することで、独自商品を開発。雇用に繋がるような仕組み作りにも取り組んでいる。  3月9日から2日間、“九州を東洋一のオリーブアイランドにすること!”を目標にしている、一般社団法人九州オリーブ普及協会(福岡市中央区)主催のKOAオリーブ大学に参加する機会があった。同大学は九州でのオリーブ栽培育成事業の一環としてオリーブ栽培技術者の育成を行っており、約30人の受講生が参加した。  同大学の中で、オリーブカレーの試食会があった。オリーブオイルを搾った後の果実かすを利用したヘルシーなカレーを目指し、同協会が開発しているものだ。その発案者があんくるカレーの嶋本氏だった。  同氏は「食材で捨てられてしまうものでもカレーの具材や味つけに使えるものはたくさんある」と話していた。壱岐島のオリジナル商品の開発はこういうところに隠れているのかも知れない。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る