© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20183/9

どこでも夢は叶えられる。

平昌五輪は「故郷」の在り方についても考えさせられる大会だった。大会最後のメダル獲得となった女子カーリングは、試合中の「そだねー」など北海道弁による会話や、旭川市旭山動物園で実施されている動物たちの食事時間をもじった「もぐもぐタイム」なども注目を集めた。そのメンバー5人は全員が北海道北見市の出身で、そのうち4人は同市の常呂(ところ)町生まれ。2006年に北見市と合併したが、メンバーが生まれた時にはまだ常呂町で、合併前の人口は5千人以下だった。

五輪後に故郷に戻ったメンバーはセレモニーの挨拶で、吉田知那美選手が「正直この町、何にもないよね。この町にいても絶対夢は叶わないと思っていた。だけど、今はこの町にいなかったら夢は叶わなかったな、と思う。たくさん夢はあると思うけど、大切な仲間や家族がいれば、夢は叶う。場所なんて関係ない」と子どもたちに向かって語った。

常呂町には目立った名所はない。サロマ湖の一部に面してはいるが、湖を眺める施設は佐呂間町、湧別町側で、観光客はほぼ訪れない。町民が遊びに行く場所もないことで、町は「それなら大人も子どもも遊べるスポーツを始めよう」と1981年からカーリング普及に取り組んだ。88年には国内初の屋内カーリング専用リンクを建設。90年からは市内小学校でカーリング授業を取り入れ、現在はすべての小中学校、高校で実施。98年長野五輪以降14人の五輪選手を輩出している。

陸上長距離も町おこしに活用。延々と続く直線道路を通行する車がほとんどなく、ロードのトレーニングには最適で、以前から大学・実業団の陸上部が合宿を行っており、85年からサロマ湖100㌔ウルトラマラソンを周辺自治体とともに創設。ゴールは常呂町スポーツセンターだ。場所なんて関係ない。知恵と情熱があれば、どこでも夢を叶えることはできる。壱岐の若者たちにも、ぜひそんな気持ちを持ち続けてもらいたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る