© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20183/2

壱岐市とウエスレヤン大学、包括連携協定を締結。

本市と長崎ウエスレヤン大学(諫早市、佐藤快信学長)は2月20日、包括連携に関する協定書を締結した。連携事項は、インバウンドなど観光振興、教育と人材育成、健康・福祉・産業振興、まちづくりなどに関することなどで、相互の資源を活用することで地域社会の発展や人材育成などに寄与する。また同大・井川博行副学長に壱岐市政策顧問の委嘱状を交付した。

調印後の会見で白川博一市長は「井川副学長は昨年まで県文化観光国際部に勤務し、当時からお世話になっていた。今年1月に中国超富裕層企業家交流促進訪中団で中国を訪れた際も、その団長として様々なセッティングをして頂いた。その橋渡しで3月には中国の実業家が壱岐に来島し、その後は団体旅行での来島も計画して頂いている。今後もウエスレヤン大学、そして井川副学長の幅広い人脈を、壱岐のインバウンドに活かしていただきたい」と要望した。

井川副学長は「交流人口拡大、インバウンドというとこれまでは団体ツアーを中心に考えがちだったが、団体はほとんどが東京へ行く。それなら富裕層の個人旅行にターゲットを絞った方が良いと考えている。富裕層の旅行は必ずしも豪華な宿泊施設やリムジンがなくても、壱岐の誰もいないビーチで思い切り叫ぶということがキラーコンテンツに成りうる。学生たちと一緒にストーリー性を持った心に刺さるコンテンツを発掘していきたい」と意欲を語った。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20184/20

初代メンバーが1日限り復活。風舞組25周年記念公演。

壱州荒海太鼓「風舞組」(町田光浩代表)の結成25周年記念公演が14日、勝本文化センターで開かれ、約300人の観客が詰めかけた。風舞組は199…

20184/20

人口減少問題が深刻さ増す。

有人国境離島法の施行から1年が経過し、様々な離島振興策がスタートしている。だがすべての事業が順調に始動したわけではない。何か新しいことを始め…

20184/20

郷ノ浦港観光案内所が開設。ガラス張りで明るさを強調。壱岐ちゃり37台レンタル施設も。

本市観光の窓口である郷ノ浦港フェリーターミナルの隣接地に13日、壱岐観光サービス拠点施設「郷ノ浦港観光案内所」と「壱岐ちゃりサービスステーシ…

20184/13

アマミサソリモドキの研究。壱岐高科学部が成果発表。

壱岐高校科学部(野田龍生、岩永凌征、松嶋真次)は、このほど発刊された「島の科学」平成30年3月号(壱岐「島の科学」研究会発行)に論文「壱岐島…

20184/13

本質を見極める目が必要。

現代は「情報過多の時代」と言われている。情報不足よりはまだ良いのかもしれないが、総務省の平成28年度調査によると携帯電話の世帯普及率は95・…

ページ上部へ戻る